京都府【京都国際マンガミュージアム】 記念メダル

 ここはいわば「公立のマンガ喫茶」である。京都市が小学校跡地に漫喫を作ったのだ!

 入場料を払うと、旧小学校の校舎のいたるところに漫画が置いてある。階段や廊下にも置いてある。その漫画を手に取り、好きな場所で読むスタイルである。人工芝の校庭で寝そべって読みふける人多数。こんなにも怠惰になれる公的機関施設は他にない。

↓校庭で寝そべって漫画を読む贅沢

 私が訪れたときは、校庭のミニサッカー場で京都パープルサンガの選手達が小学生にサッカー指導をしていた。無人のゴールにロングシュートを決められていた。「よく見てたね! それでいいぞ! それを続けていこう!」と手を叩いて笑顔で言っていたが、絶対に油断していたなと思った。

 ここは他にない、非常に面白い施設だった。公的機関がこのような施設を設置、運営しようと企画し実現しているところがすごい。職員は恐らく京都市から出向しているはずだが、公務員なのに「勤務先は?」と訊かれて「マンガ喫茶です」とネタとして答えられるのは、合コンでの鉄板ネタとなるであろう。しかもきっと、休憩時間には漫画が読めるのである(未確認)。そんな公務員うらやましい。というか、公務員うらやましい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です