神奈川県【芦ノ湖遊覧船 関所跡】 記念メダル

 箱根の芦ノ湖といえば、「第3新東京市」である。もちろん『エヴァンゲリヲン』の話である。

 棚ボタのように特需を得た箱根の街は、ローソンに「第3新東京市店」なんていうマニアがイヤでも訪れてしまうような支店を設けたり、やりたい放題である。今では箱根は「温泉」「駅伝」「エヴァ」の三本の矢で毛利家のように安泰なのであった。

 が。

 私は旅客フェリーは好きだが遊覧船には興味がないので何の感想もないのだが、なかなか賑わっていた.。だからきっとそれなりによいものなのだと思われる(ちなみに乗らなくても記念メダルは買える。確かチケット売り場だか土産屋だかの近くにあった)。個人的には遊覧船よりも「箱根駅伝資料館」の方が面白いと思うのだが、それはマラソン大会参加が一つの趣味だからであって、「駅伝」というのもまた微妙なジャンルなので、たとえ正月に「箱根駅伝」をなんとなくテレビで観ている人であっても、別に資料館で楽しめるほど興味があるわけではないのである。「エヴァ」も無論同様で、アニメというだけで毛嫌いをする女子は数多くいてそれは決して責められないので(責められないのである)、「ローソン第3新東京市店に行きたい」と言い出すかどうかは見極めが必要である。恐らく「箱根駅伝資料館」の方がまだ興味はなくても理解は得られるだろう。「記念メダルを買いたい」なんてのは恐らく「エヴァ」と「箱根駅伝」の中間くらいか、やや「エヴァ」よりのカテゴリーに属するものであろう。言い出すにはやはり見極めが重要である。

 箱根に行くならやはり「温泉」が無難である。温泉が嫌いな女子はまずいない。温泉に連れてっとけばいいのである(全世界の女子を敵に回す一文)。

↓販売機近くにあるトイレの水道。異様にお洒落なのだが、オシャレと機能性は両立しにくいという典型例。ちょろちょろしか水が出ないので、手が洗いにくい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)