神奈川県【箱根園】 記念メダル

 【箱根園】は、箱根の芦ノ湖畔に広がる一大リゾート地である。近づくと、バブルの匂いがプンプンする雰囲気に包まれる。いかにもリゾート地然としたホテルと、その眼下に広がる娯楽施設といったテイである。しかし、いまだしっかりと商売をしているのだから、素晴らしい経営である。駐車場1000円は周辺の駐車場料金を考慮するとどう考えても高いが、【箱根園】への入場料だと考えれば、まあそれが商売というものだろうという感想である。遊園地だって最初に入場料を払い、入場してからも乗り物一つ乗るのに料金を払うわけである。駐車場代(入場料)を払った上で、水族館に入るにもロープウェイに乗るにも莫大な金がかかることにいちいち目くじらを立てているようでは記念メダル収集などできないのである。どんだけ金むしり取るねんと思っているようではメダル王への道は厳しい。土産物屋行くのに1000円もかかるんかいとか思っていてはダメなのである。はい。

 【箱根園】では記念メダルが点在しており注意が必要である。この記事のメダルは「ショッピングプラザ」内のメダルで、同施設内で他に【箱根園水族館】と【箱根駒ケ岳ロープウェイ】の山頂駅で販売されている。特に水族館の方は忘れそうなので、というか私が忘れそうになったので気をつけたし。

 「ショッピングプラザ」は要するにデカイ土産屋なので、特に見るべきところはない。いや、言いたいことも言えないこんな世の中で死ぬほどお土産を選ぶのが好きならばポイズンではなくパラダイスであると思うのだが、これだけ旅を繰り返しながら職場にお土産なんぞ一度も買って帰ったことがない私にとってはやることがまったくないのであるポイズン(意味不明な文章)。そんなわけで、記念メダルを購入し、早々に退散した。

 ちなみに、訳あって今回の箱根小旅行は、大学時代の友人と私の親父二人で回ったのだが、友人は私が記念メダルを購入している間、常にモンスターストライクをやっていた。全国の記念メダラーには、まさにこのことを肝に命じておいていただきたい。

 記念メダルに全く興味がない一般ピープルにとって、記念メダルに刻印を施す時間は、カップラーメンの出来上がりを待つ3分間に等しい時間であると。一緒に付いてきてもらえているだけで感謝しなければならないのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)