神奈川県【横浜ランドマークタワー】 記念メダル

横浜ランドマークタワー記念メダル

横浜のランドマークを名乗っている割には全国的な知名度はいまいちなタワー

私が取った統計では、横浜そごうの方がまだ知名度が高かったのです

 【横浜ランドマークタワー】の「スカイガーデン」が2020年2月17日〜4月24日の期間、リニューアル工事のため休業となるとのことで、クルマを売却しに東京へやってきた2月15日に、新しいメダル2枚を入手できていない【スヌーピータウンショップ】に行くついでに寄ることにした。25周年メダルの裏面が通常バージョンのメダルを所有していなかったためもあるが、前日のバレンタインデーに職場で隣の席に座る女の子から「横浜インターコンチネンタルホテル」のチョコレートをもらったことの影響が大きいと思われる。その外箱に、どう考えても【ランドマークタワー】から見下ろした景色と思われる図柄が描かれていたのである。その外箱を職場ですでに捨ててしまったという大失態を冒していたのだが(人としてもどうかと思う行為)。外箱と実際の景色を比べることができないので、ただ単に【ランドマークタワー】から見た該当の景色を貼っておきますね〜

過去記事の写真とまったく同じ構図ですな

 ちなみにその女の子に「これは【ランドマークタワー】からの景色だな!」と物知り顔でドヤったら、「らんどまーくたわーって何ですか?」と可愛く問い返されて、おじさんの胸はキュンとした。全然ランドマークできてねーじゃんランドマークタワーって名乗っているのになんてことはどうでも良かった。ちなみにその女の子はこの半月後の令和2年2月29日の閏年の日に入籍したはずである。おめでと〜。
 4年に一度しか結婚記念日がないことが吉と出るのか凶と出るのかを会社の休憩時間に熱く語り合ったのだが、この議論は「吉と出ると実は仲がそんなに良くないということで全体的には凶であり、凶と出る方がずっとラブラブということで吉である」という思いのほか深い矛盾を抱えたテーマであることがわかり、最終的には禅問答のような状態に陥り二人で頭を抱えることになった。

その女の子が職場でちゃちゃっと描いた牧歌的な4コマ漫画を載せておきますね。

 さて、数年ぶりにランドマークタワーに訪れてみれば、なんとなく時代の移り変わりを感じるような印象を受けて、地味だが結構衝撃的だった。やはり昨今のショッピングモール等に比べると平成初期の残り香を多分に感じさせる雰囲気が満ちており、どでかい上物(うわもの)を建てると、その維持はいろいろと大変なのではないかという超余計なお世話なことを考えたりした。私の青春時代を彩ったみなとみらいの街も、なんだかもはや過去の産物となり、時代に合わせた変革を迫られる時期に来ているのかもしれない。

時代を感じさせるオブジェ。こうして平成という時代も昭和のように語られてゆくことになるのだろう
関係ないけど、どう考えてもアップルストアを丸パクリしたとしか思えないダイソンストア

 そんなことに思いを馳せながら「スカイガーデン」に向かうと、途中誰一人客はおらず、おっさん一人で何しにきた感がやばいくらい充満し始めるのだった。

入場にこれほどの区分けが必要になる日があるんですかね? 【スカイツリー】並である。
なんか置いてあったヤツ。こいつの写真を撮った人間など【ランドマークタワー】の長い歴史上、私だけなのではないかとさえ思う
エレベーターに乗り込むと、なんとエレベーターガールならぬエレベーターボーイであった。これは初めての体験である(【通天閣】の雑な感じのエレベーター係も男性であるが、あれはボーイなんて清楚な感じは認めない)。大変丁寧な口調でおっさん一人に到着までいろいろと説明してくれたことが逆に申し訳なくなりました。私なんかと二人っきりでさぞ気まずい思いであったことだろう。

 「スカイガーデン」に到着してつくづく思うのは、展望タワーとは夜に来るべきところであるということである。まず内装のムード作りがすでにそれを見越しているというか。「昼に来られてもちょっと……( ´_ゝ`)」と従業員達の内なる声が聞こえてきそうである。まあ訪れたのは夕方ごろというなんとも微妙な時間帯でしたが〜

愛を語る短冊で構成されたハートのオブジェ。実際に見た感想としては、パンに生えたカビのモフモフ感に似た印象がちょっとありました
横から見ると白いムックですぞ〜
書くことが何も思い浮かばなかった様子が窺える短冊群
こんなオシャレなラウンジがあり。暗くなったらカップル以外近づくこと禁止エリアとなることであろう。私も座る側になりたかった……
リア充が約束された予約
夜景になったら超綺麗であろう景色。しかし夜景は「誰と見たか」が重要であって、「どこで見たか」など二の次なのだ!(知ったような口調)

 まあ結論としては、おっさん一人で来ておいてなんやかんやと言うこと自体が間違いであるということである。なんかごめんなさいである。

 ただ私が青春時代を過ごしたときには、この展望フロアに登るにはちょっとお値段お高めである(高校生のときの話)。そう考えると、展望フロアって「大人のカップル」というニッチとまでは言わないまでも結構限られた客層に絞った経営戦略を迫られような気がするのだが、如何に。そう考えると——展望フロアの独断では決められないだろうが——「平日の昼間はオープンしない」というのが経営戦略的には非常に効率が良い気がする。人が来ないのにオープンしておくだけの人件費でかなり痛い出費となる気がするのだが。

 記念メダルの販売も結構微妙な気がしていて、そもそもカップルって記念メダル購入するんですかね? イニシャルとか日付とか入って二人の思い出刻んじゃった♡ 的な流れになる可能性もあるとは思うのだが、女性はどちらかというと「それ買ってどうするの?」的な方向に行きがちな気がするという実体験ね、これ。女性はたぶん、プリクラとかの方が好むような気がする(日付も入るし)。記念メダルの主たるターゲットはやはり親子連れなのではないだろうか。

 その壁を突破するにはやはりデザイン性が重要となると考える。思わず買ってみたくなるほどのデザインの秀逸さが大切で、その限界突破をしたのがオークコーポレーションなのではないかと思うのである。まあ【ランドマークタワー】もオークコーポレーション管理なんだけど

一時休業ということで、「みんなの思い出を壁に描いてね」という企画がなされていた。中央のランドマークタワーとコスモクロックの絵はさすが中心に描く度胸があるだけに相当上手である。ただ、この部分に余白が残っているというホワイトボードの設置の初期段階でここまで絵心のある人がたまたま訪れてたまたま苦心作を描き込んでいったなんて偶然は宝くじ当選並の確率だと思うので、スタッフが描いたモノではないかと予想。ただ余談ですがなんとわたくし年末ジャンボに当選いたしました。2万円も!(唐突な実話)
題「心臓に毛が生えた」
ハマ・オカモトといえばダウンタウンの浜ちゃんの息子である。本物なんすかね? アナウンサーと結婚していたとしたら文春砲でございます。隣の異様に上手いウォーリーも心配していることでしょう(ドント・ウォーリー)
【おまけ】信じられないくらいスベっていた大道芸。MCでの「いやー、いまだかつてないほどシーンとなっていて焦ってます!」という言葉は恐らく本音であったころだろう。この地獄に遭遇するとつい本音を吐露しちゃう気持ち、わかりますな( ;∀;)
【おまけ2】高校生のとき、学校をサボってこのエリアで開催されていたゲームショーに行きました。今考えるとなぜ平日昼間なんかに開催していたんでしょうかね?
【おまけ3】帰りの新幹線では、横浜名物崎陽軒のシュウマイ弁当をビールと共にいただきました

記念メダルについて

いつの間にか最新式の販売機&刻印機になっていた

 正直、オークコーポレーションにしてはそんなに良いデザインではないなぁというのが個人的な感想である。デフォルメはさすがに上手いとは思うけれども。

 20周年、25周年と進む中で徐々にベースとなったタワーのデザインからオークらしい背景を生かしたデザインへと変貌を遂げている。メダルを並べて、そのデザインの変遷を見るのは面白い(タワーのデザインも少しずつ変わっていることが見て取れる)。

 ただリニューアルオープン後も記念メダルの販売を継続するならば、かつ、それに合わせた新メダルの発売があるならば、今までのデザインから一新してリアル寄りの【スカイツリー】の周年メダル的なデザインになるのではないかと予想している。どうなるか楽しみですな! (期待すると販売が終わるというしっぺ返しに遭う法則)

ラインナップ。キーホルダーとペンダントの値上がりの仕方が消費税率の上昇よりも上げ方が上でエグい(今風な物言い)
刻印機の中身はMSX?などと言われることはもうないであろうタッチパネル式
こちらの販売機の中身が気になるのは隠されると見たくなる人間のSA・GA

(過去記事)恋人の街・みなとみらい 一人で見下ろす むべ悲しきかな

 ここは茶平工業HPの販売所リストに記載がない「隠れメダルスポット」である。

 私の地元が神奈川だけにランドマークタワーにはいろいろと思い出が詰まっているのだが、あえて語るとするならば、中にある雑貨屋で「足つぼマッサージ板」を買ったことである(なぜそれ?)。

↓体重計は無関係

これを購入した日は1日中みなとみらいを歩き回った。クタクタになったその足で試しに乗ってみたら、1秒たりとも我慢できないという苦しみに身悶えたのであった。この痛さが「効いてる効いてる~」と気に入り購入した。マゾか。

 上から見るとわかりにくいが、つま先側の下にスプリングがついており、足踏みをして足裏を刺激できるようになっている。似たような商品は数あれどこの仕掛けがある製品は私は未だこれしか見たことがなく、その点で優れた製品であると感じている。足踏みが痛気持ちいい。マゾです。

 購入したのは実はもう15年くらい前なのだが、いまだに現役で役に立っている。特にランニング後の足のケアに非常によい。これをやっておくと、筋肉痛がだいぶやわらぐ。ような気がする。

 これで足踏みをした後に足裏を見ると、反射区の突起の跡が足裏についており、その跡に従って指で押すと、体の悪いところが判る(痛いところが悪いところ)。私が必ず痛いところは生殖器であるというね。。。しかも、「生殖器(不眠)」とあり、生殖器の調子が悪いと眠れないらしい。

 よって、不眠に悩む方は赤ひげ薬局にいくとよい。という結論。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)