愛知県【IE】 記念メダル

 

 【IE】は、愛知県名古屋市西区にある美容室です。私が製作したオリジナルの記念メダルを、この店で「カット」をした方に無料で進呈するという企画を実施いたします。

★対象者★     「カット」をされた方で、記念メダルを希望する方。

予約時に、「記念メダルを希望」と必ずお伝えください

★カット料★  4800円

★予約方法★  電話予約のみ Tel.052-502-3102

★住所★        愛知県名古屋市西区南川町290

★アクセス★  名鉄「上小田井」駅から徒歩10分程度。駐車場あり。

★配布枚数★  30枚(予約の先着順で配布します。来店日ではなく、予約順です:残24枚)

★店長がお一人でやっている個人経営の美容院です。

※「記念メダルだけ(売って)ください」というのはお断りしてもらうように話をしてあります。どうかお店の方にご無理をおっしゃることのないようお願いいたします。

 茶平工業さんに依頼し、金型から製作した完全オリジナルの記念メダルです。

 記念メダラーとしての私の夢は、3つありました。

①自分オリジナルの記念メダルを製作する。

②オリジナルの記念メダルスポット(入手場所)を作る。

③まだ秘密ドキドキ

 今回は思い切って①と②を同時進行で進めました。①はミもフタもなく言えば金で叶う夢とも言えるし、先立つものが無ければ実現できない夢とも言えます。そのため、数年かけてコツコツと貯金しました。ザ・500円貯金を。

 ②に関しては、縁あって【IE】という美容室にご協力いただけることとなりました。店長兼経営者の方はとても気さくで、またアグレッシブに活動の幅を広げる方なので、「いけるかな!?」と思って企画を持ち込み、OKをもらいました。ただ店長さんは、特に記念メダルに興味があるわけではありません。半ば強引に押し切りました(´_ゝ`)クッククク

 今回の企画で私が何をやりたいのかというと、「記念メダルは売上に貢献するのか?」ということを実証実験してみたいというところにあります。

 記念メダルを置いている一般的な施設においては、恐らく記念メダルは「お土産・グッズの一つ」という認識であると思われます。例えば水族館であれば、館内を一通り見て回って出口に差し掛かるとミュージアムショップがあり、そこでクッキーやぬいぐるみが売られていて、その中の一つに記念メダルのあの青い自販機があり、刻印機があるーーつまり、記念メダルは他のお土産・グッズと同様に、入館料以外の付加価値的な収入を得ることを目的として設置されていると考えられます。

 ただ世の中には、「記念メダルがあるからこそ、その場所に行く」という記念メダラーが少なからず存在することが、何を隠そう私がそうであることからもわかっています。ただ、その数が一体どれほどのものなのかの全容は正直まったく掴めないのが現状です。ネット上でご自身のページをお持ちの方も、長らく更新が途絶えていることも多く、増えているのか減っているのか、はたまた1970年代からそう変わらないのか、正確なところはわかりません(意欲的に活動されている方の情報は貴重な情報源ですね!)。ただ個人的な感触としては、実は結構な人数の熱心な収集家が日本中に存在するのではないかと思っています。全国をまたにかけて収集しているような。

 そうなると、茶平工業製記念メダルの売り込み方も少し変わるのではないかと思うのです。単純にいえば、「お土産として人気ですよ。売れますよ!」だけでなく、「人が呼べますよ!」という本来の最も大きな、そして最も重要な収入源である「入場料・入館料」に直結する要素となり得るのではないかと。そうなれば、あの青い自動販売機を設置する施設が増えるのではないか、と大きな夢を見ているのです。

 少し話が逸れるようですが、この度一から記念メダルを製作するにあたって一番ネックとなったのは、やはり金型代でした。詳しくはまた別の記事にて詳細をアップする予定ですが、金型代だけで15万円程度は掛かったので、記念メダルの売り上げだけでこの金額をペイすることを考えるのはなかなか厳しく、新規導入の際に二の足を踏みやすいのではないかな、と感じました(バカ売れしている【東京タワー】や【スカイツリー】は全く心配してないでしょうが)。ただこれが、「宣伝費も兼ねている。これを目当てに来る客もいる」という見地を加えると、導入に前向きになるのではないのかな〜という予測が個人的な想いとしてあります。ならば、ではそれを立証してみようというあくまで個人的な実験企画です。美容院の方はあくまで善意から協力をしていただけることになったので、損がないようにしています。端的にいえば、この記念メダルの製作費は全て私が負担しています。その見返りは、「10枚捌けたら1回カットがタダ」という条件です。これは、記念メダルの平均価格が大体500円くらいで、かつ、この店のカットが4800円なので大体5000円ということで、私からこの条件を持ち出し了承を得ました。恐らく私が本当にメダルを作って来たのでビビってOKしたのだと思います(`∀´)

 この企画に「美容院」というものを選んだのにも理由があります。「美容院」であれば、広告宣伝費を「技術料」の中でカバーしやすいと考えたからです。美容院代というものを考えたとき、シャンプーとかリンスとかいったものもありますが、その大半は「技術料」であり、早い話が融通のききやすいものなのではないかと思ったのです。美容院は大抵「ホットペッパー」などに「初回割引クーポン」等が付いていたり、友人紹介割引などがあったりと、何かと割引が多いのはこの辺の融通のききやすさがあるからなのではないかと考え、それらの負担を代わりに「記念メダル費」にしたら面白くないかな〜ということを長年腹案としてもっていました。また、「髪を切る」という行為自体は、老若男女誰にでも必要な行為であるため、基本的に無駄にはならないという点もポイントが高いです(掛ける費用は人によって違いがありますが、必要経費であるという点は変わらないという考えです)。で、その辺の思いを店長さんに熱く語り、デザイン画をメールで送り付けたり「損はありません!」ということを再三訴えたりして、GOサインをいただく運びとなりました。内心、効果を超疑っていると思いますが(´∀`)

 正直、私のこの試みには賛否両論あるかもしれません。また、全く人が来ず企画自体が大失敗となるかもしれません。が、実は大失敗した方がお店には損がないので(私をタダでカットせずに済む)、私がちょっとした恥をかくだけで済みます。

 失敗したときの、また、この企画に否定的な方がいらっしゃったときの言い訳のように聞こえるかもしれませんが、今回、自分が思い描いたとおりの記念メダルが完成し、そしてそれを受け取りに茶平工業さんへ訪問させていただけた段階で、実はかなり満足しています。特に茶平工業さんをお訪ねして色々な話をさせてもらい(この企画の話もしてます)、色々な話を聞かせてもらい、記念メダルにまつわる様々なものを見せてもらって(あと廃品ボックスの中身を漁らせてもらえて ∵ゞ(´ε`●) ブハッ!!)、自分は記念メダルが大好きなんだなぁと改めて実感し、長年すっかり忘れていた純粋な興奮と喜びを思い出させてもらえました。そして、自分が描いた企画を実現できる運びになっただけでも、よくここまでもってこれたなぁと満足しています。仕事以外でもまだ20代の頃のようにアグレッシブになれる部分が残っていたのかと自分に対して妙に感心しました( ̄▽+ ̄*)

 そんなわけで、どのような方向に行くのか一切わからないこの企画ですが、もしよろしければれっきとした「茶平工業製記念メダル」の一つである【IE】のメダルをゲットしに訪れていただければ幸いです。

 ちなみに、おもて面は「マイクラC +C」というクルマをモデルとしたデザインで、このクルマのオーナーズクラブでもこの記念メダルを配布していることをお伝えしておきます(すでに配布済み)。これほどおもて面と裏面で関係のないメダルも他に類を見ないでしょう(悪い意味で)。おもて面に私のハンドルネームを入れてしまったのは、文字どおり記念メダルの歴史に名を刻みたかったからに他なりません。人間とはかくもエゴを抑えられないものなのか……( ̄Д ̄;;

 店長さんは楽しいトークが得意な超気さくな方なので、人柄とかその辺はどうかご安心ください。電話して一発目でテンション高めです(営業努力です!)。ちなみに、刻印機はありません(月々のリース料が発生するため)

2 件のコメント

  • はじめまして
    以前のHPからちょこちょこ覗いておりました。
    「記念メダルがあるからこそ、その場所に行く」記念メダラーの一人でございます。

    この度は、オリジナル記念メダルの製作、メダルスポットを作るって言うある意味、記念メダラー究極の夢の実現おめでとうございます。

    その見事なまでの記念メダルホイホイに引っかかり、日帰りで関東から伺い、
    ついでに自分至上最高にオシャレにしてもらいメダルと共に2度満足させていただきました。

    メダル情報公開していただきありがとうございました。

    • コメントありがとうございます^ ^
      私が製作した記念メダルを手にしていただき、本当にありがとうございます。励みになります。
      日帰りで東京からいらしていただいたのは、そういったことを狙って設置していたとはいえ、いざ実現すると大変恐縮ですf^_^; でも光栄です。
      【IE】のヘアカットにも満足していただけたとのことで、コメントいただけたことを感謝いたします。
      店長さんも喜ぶと思います。
      この度はありがとうございました! よろしければまたホイホイにぜひ引っかかってください(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です