愛知県【名古屋港水族館】 記念メダル

名古屋港記念メダルいるかピンク名古屋港水族館記念メダル

 水族館は大きく分けて「カップル向け」と「学術向け」の2つにその存在意義を分けることができ(私的意見)、ここ愛知県の【名古屋港水族館】は前者に属する水族館である。そして私は、カップル向け水族館があまり好きではない。理由は単純明快で、値段の割に楽しめないからである。

 そもそも水族館は全般的に、動物園と比べて入場料が高い。カップル向けの水族館は2000円を超えることはザラで(なぜか学術向けの方が安い傾向にある)、動物園と比較してショーアップやイルミネーション、そしてイルカショーなどをはじめとするエンターテイメント性の高い構成になっているものの、知的好奇心を揺さぶる要素が少ないように感じる。動物園はどちらかというと動物の生態に迫るような要素が多いが(ふれあいコーナーなどもあるが)、カップル向け水族館は、『イワシトルネード』など「きゃ~、すごーい」などと言わせるような話題作りをして客を呼ぼうとする傾向がある。ここ名古屋港水族館はそれらに加え、館内が薄暗くてそこはかとなくムーディーな雰囲気を演出し、カップルがいちゃつくことを推奨しているかのようである。もちろんデートで行く分にはそれこそがよく、事実水槽の前で腰を抱くカップルが後を絶たないのだが、私はどちらかというと学術向けの、知的好奇心を満たすような水族館の方が楽しめる。魚の解説や希少な生物を見る方が楽しく、イルカショーは正直全然楽しくない。いや、すごいなーとは思うけど。イルカショーを見るよりも、野生のイルカを見たい、といえば伝わるだろうか、このニュアンス。

 そんなわけで個人的にはこの水族館は全然評価が高くないのだが、でも好きな人と来たならばそこがボクのベストプレイスとなるのはもちろんお約束。好きな人と行くならどこだって良いよね。相手が不機嫌じゃなきゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です