神奈川県【日産スタジアム】 記念メダル

 私はサッカー小僧なので、サッカー系の記念メダルはとりわけ嬉しい。(【セレッソ大阪】などもよい思い出)。【日産スタジアム】は、言わずと知れた「横浜・F・マリノス」のホームである。マリノスの練習拠点であった横浜みなとみらいの「マリノスタウン」でも販売していたようだが、残念ながら「マリノスタウン」そのものがもうない。横浜・F・マリノスは昨年度、チームの内外で大きな変革を迎えた。中村俊輔のジュビロ磐田への移籍は大きな話題となったが、私はどちらかというと「サッカーチームの運営」という点の方が興味があるので、素直に「費用対効果が薄れたのかな」と思っただけである。中村俊輔が年俸3000万くらいでずっとプレーしてくれるのなら、まだマリノスに残っていたと思うけどね。そういうわけにもいかないだろう、お互いに。

 プロサッカーチームの運営というのは、研究してみると、どのチームも薄氷を踏むような経営の仕方がなされていることがよくわかる。それは単純に「収益がなかなか上がらない。採算が取れない」みたいな話だけではない。そもそも来年度予算を、来期のスポンサーが決定する前に組まなければならない点に、構造の歪みを感じてならない(今は変わっているかもしれないが。どうなの?)

 例えば、名古屋グランパスのように運営母体がそのままメインスポンサー(世界のトヨタ)であるようなチームはまだマシだろう。しかしかつての大分トリニータのような、小口のスポンサーを集めまくってどうにか運営を成り立たせているようなチームにこれは厳しい。わかりやすくいえば、名古屋グランパスは今期も来期も来々期もその先も(恐らくは)ずっとトヨタが胸スポンサーになって一定額(多額)のお金を渡してくれるだろうし、決定ではないにしろ予算を組む段階でいくらくらいもらえるか大体把握させてもらえるだろうが、大分トリニータは一年ごとに「今年はどこがスポンサーになってくれるかなぁ……」という不安が常にあり、毎年スポンサー集めを必死こいてやらねばならなく、全然収入の見通しがたっていない段階で予算を組まなければならないのである。プロ野球と違って巨大企業がチームの運営を担っているわけではなく、あくまで企業は「スポンサー」としてお金を渡すだけであり、スポンサーであるかぎり「スポンサードをやめる」という選択肢が常にある。大口スポンサーにやめられると、チーム運営は簡単に傾くことになる。「薄氷を踏むような経営」というのは、このような点を述べている。胸スポンサーがないようなチームがあったら、超絶マズイ事態を表しているのである(かつての大分トリニータは胸スポンサーがない時代があった。いろいろと複雑な事情があるが)。

 横浜・F・マリノスのメインスポンサーは言わずと知れた日産自動車である。そういう点で、横浜・F・マリノスの経営は今までゴーン元社長が間接的に握っていたといっても過言ではない。運営側としては、もらえるお金の中で経営を考え、その枠の中でどの選手と契約をするかを考えていくわけである。

 どの仕事でもいえることだろうが、高給取りの年寄りを一人雇うより、同じ金額かそれ以下で若者を二人雇う方が良いな~、と経営的に判断したい場面というのはないだろうか。公務員や一般企業であれば、たとえそう思ってもおいそれとはそれを実行できるわけではない。しかし、プロスポーツ選手の世界は、それができるのである。逆に言えば、それができるような仕組みにわざとしているともいえる。

 仁義や恩義が絡むと話は複雑になるが、金などの数字だけでみると、「費用対効果」というものを常に考えなければならない。極端に言えば、他より結果を残しているだけでは足りないのである。「費用に見合っているか」という点が常に求められる。

 私もだいぶ年寄り方面に片足を突っ込んできたので、若者たちから「あなたは費用対効果に見合っているんですかね? 若い人一人雇った方が、安くて仕事もよくできるんじゃないですか?」と言われないように気を付けなければならない。もう言われているかもしれないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)