奈良県【東大寺】 記念メダル

東大寺記念メダル銅
東大寺記念メダルバイメタル

水たまりがいっぱいある件

 あの巨大大仏様と鹿で有名な奈良県【東大寺】である。大仏様を拝みに行くには、数々の鹿の糞トラップをかいくぐらねばならない。水たまりかと思って油断して突っ切ると、実は鹿のションベンだったなんてこともある。とにかくこの場所はトラップが多いので気を付けねばならない。入堂券を買ってグズグズしていると、手にしていたその券を背後から鹿に食われることもある(中学校のときの修学旅行で実際に経験した実話)。

 近年の国際色が豊かになった影響で、外国人観光客が非常に多かった。鹿と一緒に写真を撮っているのは大抵外国人である。鹿の方も心なしか外国人に積極的に寄っていっているように見えた。エサくれる率は明らかに外国人の方が高いからであると推測される。これが学習指導要領で謳われる「生きる力」というやつか!?

 十数年ぶりに訪れたが、大仏もデカイが、大仏がいる建物がとにかくデカかった。そのスケールの大きさに圧倒された。大きくなってから見た方がよりデカくみえるというのも皮肉な話である。

 4月に「情報セキュリティマネジメント」という国家資格試験があるので、ついでにその合格祈願をしてきた。「合格祈願」と題された絵馬のコーナーには、様々な合格が祈願されていたわけだが、中には英語をはじめとした外国語で書かれた願いも多数あった。仏さまも中国語ならギリいけると思うのだが、ペルシャ語やアラビア語っぽい文字も読めるのだろうか? 「ごめんごめん、読めないもんで無理だったわ」とか言わないだろうかと、勝手に心配になった。

 また、奈良には東大寺が運営する「東大寺学園」という日本有数の進学校があるのだが(開成や灘クラス)、そこへの合格を祈願した絵馬には、できることなら何でもするという必死さを感じた。遠方の県外からわざわざ東大寺までやってきてこの絵馬を残していった努力には感服である。そこまでできる者だけが、選ばれた進学校に行けるのだろう(東大寺学園で毎年最も多い進学先は京都大学である)。

 そんなわけで、久しぶりに訪れた東大寺は、私自身が年齢を重ねたことにより、中学生のときとはいろいろと見る視点が違って、違った楽しさがあった。子供の時に訪れた場所に再び訪れるというのは感慨深いものである。

せんとくん1
かつてブイブイ言わせていたせんとくんもまだ現役。東大寺に向かう途中に出会える。
せんとくん2
遣唐使?とりあえず、帽子脱げなくね?
大仏の手
やらしい手つき(最低発言)
東大寺大仏
大仏さまもご立腹ですわ
奈良公園の鹿
鹿にもしかられましたよ(こうして人はおやじになっていく)
以前メダル自販機が設置されていた場所は改装中でした

記念メダルについて

 古くから金メダル、銀メダルを販売してきた【東大寺】であるが、この度ものすごく攻めた記念メダルを新発売したので、いてもたってもいられなくなり再訪することとあいなった。それが上記掲載メダルの下二枚である。

東大寺記念メダル自販機1
大仏様が描かれるご利益ありそうな自販機
東大寺記念メダル自販機2
失われたメダルもあるけども……

 「大仏殿」のバイメタルメダルは、なによりもまずかっこいい。言葉がいらないくらいかっこいい。基本的にバイメタルメダルは何でもかっこよくなるのだが(ミもフタもない言い方)、そもそものデザインがイカしていた大仏殿メダルでこれをやったので、マジでかっこいいのである(小並感)。

 そしてトピックスとしては、大仏メダル(銅)である。銅メダルはかなり珍しい。現行メダルとしては他に【138タワーパーク】にしかない。

138タワーパーク記念メダル銅

 過去にはいくつか存在したのだが、それでも珍しい(そのうち特集ページで「銅メダル特集」というのをやる予定。が、予定は未定)。少ない理由は、恐らく「映えないから」ではないかと思われる。金、銀、銅と選択肢があったら、銅はあんまり選ばないよね〜。

 ただ「大仏」という題材であると、不思議と他の色より厳かに見えるのは、記念メダラーの贔屓目であろうか。金、銀と比べると、銅は大仏の顔がより厳しいものとなっているように見える……ような気がする。むしろ「そんなに怒らなくても」と声を掛けたくなるくらいに。

 一躍、「記念メダル界の急先鋒」に名乗りを上げた【東大寺】。これからも目が離せない存在である。この流れでいくと、大仏のバイメタルメダルや、大仏殿の銅メダルとかも出そうじゃない?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)