東京都【東京タワー】 記念メダル

東京タワー 記念メダル ホログラム
東京タワー 記念メダル SINCE 1958
東京タワー 記念メダル
東京タワー 記念メダル 50周年
東京タワー記念メダル キティちゃんカラー
東京タワー記念メダル キティちゃん無色
東京タワー記念メダル キティちゃん青
東京タワー記念メダル キティちゃん赤
東京タワー記念メダル
東京タワー記念メダル青
東京タワー記念メダル 赤
東京タワー記念メダル 55th青
東京タワー記念メダル 55th緑
東京タワー記念メダル プリント
東京タワー記念メダル 60th赤
東京タワー記念メダル 60th オレンジ
東京タワー記念メダル 60th 緑
東京タワー記念メダル 60th 青

記念メダルの象徴

記念メダルのメッカ、【東京タワー】である。現在では【スカイツリー】にその座を奪われつつあるが、かつては記念メダルといえばここ【東京タワー】であった。mixiでの記念メダルコミュニティでも、この【東京タワー】の記念メダルがアイコンとして使われている(mixiの衰退により現在は過疎化)。

 東京タワーに登ったら記念メダルを購入するというのは、自然な流れであった。事実、特に記念メダラーではない人の家にも、この場所の記念メダルがあることがある。自分の話になるが、幼稚園時代、記念メダルがプチブームだったときがあり、幼稚園バッグに【池袋サンシャインビル】か【東京タワー】かのどちらかの記念メダルが付けられていることが多かった。幼稚園児は、金メダルが異様に好きである。つまり、あの頃から全く成長していない自分ともいえる。

 当時はすげー嫌そうな顔をした父親に買ってもらった記念メダルだが、20年以上のときを経て、ついに自らの財力によって購入する日がやってきた。さすがは記念メダルのメッカ【東京タワー】である、記念メダルを購入するのに列に並ぶというにわかには信じがたいことが起こっていた。うっかり記念メダラーとしてあるまじきことを思ってしまった。こんな物買ってみんなどうするの? と。

 東京タワーは、全国のタワーと同じく、電波塔としての役目は終え、現在ではただの鉄塔でしかない。それでもやはり、東京タワーは特別であり、唯一無二の存在であることが、この場所に行けばわかる。

 まず、首都高から見える東京タワーはやはり異質であるという点。【スカイツリー】ももちろん異質な存在であり特別な存在感を放っているが、【東京タワー】も、首都高を走っていて見えると「あっ! 東京タワーだ!」と必ず言ってしまう。それくらい景色の中で異彩を放つ赤いあんちくしょうである。

 東京タワーのふもとは、【スカイツリー】のソラマチとまではいかないまでも、なかなか小洒落た店が立ち並んでいる。【スカイツリー】における【すみだ水族館】のような立ち位置で、「東京タワー水族館」というのも存在する。タワーのふもとをお洒落なものにしようと企画したのは、【東京タワー】が全てのタワーの先駆けなのである。現状、他のタワーは、それを真似ようとビアガーデンにしたりお洒落なカフェを誘致したりしているが、どれも中途半端で、それに付いて来られていない。やはり【東京タワー】は王者なのである。

 まあ、【東京タワー】は登るよりそれをバックに写真を撮った方が映えるけどね~。やはり中身より外見なのである。私は中身も外見も備わっていないので、せめて無害な存在として生きていこうと思う(何の話?)

↑【スカイツリー】の半分の高さでもみんなに愛される【東京タワー】。
お寺からニョーン
↑周辺道路はなぜかいつも物々しいんだよね〜。東京コワイ。
右翼vs国家権力。霞が関に通ずる道路を右折しようとして、門で閉鎖されている。
↑【東京タワー】に登るたびにいつも最初に目につくのがお墓である。そして東京タワーから覗き見られる学校のグラウンド。
東京タワーとコラボした「赤マムシ」、買っちゃった……何に使うんでしょう〜ボク小さいからわかんな〜い。赤だから東京タワーとコラボなんすかね?

記念メダルについて

かっこいい販売機&刻印機

 記念メダルについては十分上記で言及しているので、ここでは【東京タワー】における「刻印機」の特殊な事情について解説する。

 2019年8月現在、東京タワーでは記念メダルが3つの販売店によって売られている。「販売場所」が3つあるのではなく(販売場所だと4つになる)、販売店が異なるのである。どういうことかというと、1Fには【東京ワンピースタワー】のオフシャルショップである「麦わらストア」があり、2Fには【東京オリンピック・パラリンピック2020オフィシャルショップ】があり、3Fにはここ【東京タワー】のオフィシャルショップがある。そしてそれぞれで別個で記念メダルを販売しているのである。

 で。

 足並みがまったく揃っていない様子が、「刻印機」の値段に如実に表れているのが以下の写真である。

1F「麦わらストア」100円
2F「東京2020オフォシャルショップ」無料
3F「東京タワーオフィシャルショップ」50円

 どこでどうしろとは一切言わない。ただ足並み揃ってないなと思っただけであり、その事実のみをお伝えするのみである。あしからず。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)