東京都【キャトルレーヴ】 記念メダル

【販売場所】
@レジで「5 Stars Aniversary Medalがほすぃ〜んですけどぉ〜」と申告すると出てくる。
備考:「販売場所リスト」未掲載。商品名が長くて覚えられず、レジで申告するとき何らかの単語を抜かす。

入り口に退魔結界が張られている

各組

 【キャトルレーヴ】は「日比谷シャンテ」という複合商業施設の3階にある宝塚歌劇団のオフィシャルショップである。ちなみに日比谷駅直結なので交通の便は良し。

 そして、横浜茶平会さんが発見した記念メダルスポットである。

私も記念メダル界に名を残すような発見をしてみたいものです

 記念メダル界隈ではこの発見にとても湧いた。普通に考えたら見つけようのない一品であったからである。

 一応伏線的なものはあって、かのミャクミャク様の宝塚コラボメダルが【丸善 丸の内本店】で初期は取り扱いがなかったことに端を発する(現在では販売されている)。

「オフィシャル通販でミャクミャク様宝塚コラボメダル売ってる」→「丸善にはなかったよ」→「宝塚オフィシャルショップならあるかもよ」→「ミャクミャク様いたよ!」→(……数週間後……)→「ミャクミャク様の新メダルとかないかな〜と思ったら、宝塚のトップスター5人が顔面メダルになってるやん∑(゚Д゚)」という流れだったと推定される。

↓大阪万博メダルに関しては詳しくはこちら

 いやー、これは奇跡に近い発見だ!

 仮に私が同じ条件でこの【キャトルレーヴ】を訪れたとしても、絶対にこのメダルを発見できなかった自信がある。赤絨毯の結界が、私にそれをさせてくれない。

私のような下劣な者から聖域を守る赤絨毯の結界。
この赤絨毯を乗り越えるには「水族館に一人で入るのなんて余裕♪(´ε` )」くらいには記念メダル的修行が必要。

 これを発見できたのはひとえに

メダル愛

 ですな♪(´ε` )

 店内は在りし日のアイドルショップを彷彿とさせる光景であった。こんな表現したらヅカファンにぶっ殺されるかもしれないが。

プロマイドがずらりと並ぶ光景は、幼少期に姉に連れられていった光GENJIメンバーの隠し撮り写真を販売していたショップのようである。ちなみに姉は、あかさかあきら君のファンであった。

 店内では明らかに異分子たる私である。が、この日この時この時間帯のこの店内において、私は絶対に上客であった。なぜなら、レジ待機列に並んでいたヅカファンの皆々様がビニール製のありふれた袋に商品を詰められていたのに対し、私は入り口の赤絨毯を彷彿とさせる巨大で真っ赤な豪華紙袋に詰められたからである。ポツンとメダルだけ

赤い紙袋に対するメダルセットのこの体積比率よ

 あくまで推測だが、この赤絨毯紙袋(勝手に命名)はお買い上げ金額が1万円以上の場合に配布されるのではないだろうか(このメダルセットは1万円也)。メダルセットのこの大きさに対してこのデカさの紙袋をわざわざ取り出すってのはこれ如何に? と疑問に思って辺りを見渡せば、そんな客は私一人であった。

 「商品に対して袋デカすぎ」「普通はビニール製の袋なのに何故か豪華な紙袋」という2点から推察すると、「1万円以上お買い上げの上客専用紙袋」ではないだろうかという結論になる。そう、私は宝塚にとっての上客——

 そういう気概をもって、颯爽と紙袋を手に店内を後にしたのだった。さながらトップスターが舞台袖へとはけるかのように……(※日本語訳:そそくさと逃げ出した)

記念メダルについて

上記ファイブスターのみなさんの所属する組はこんな配置です

まあ〜濃いね
( ・∇・)

 記念メダル史上、最も圧が強いデザインのメダルと言ってよいだろう。異論は認めない(そしてヅカファンにぶっ殺される)。

 このメダルの発見当時は「5枚セットで1万円」という価格に”宝塚価格だ‼︎”とその万超えインパクトに驚きの声が上がったのだが、実は昨今の記念メダル事情から鑑みると安くはないが別に法外な値段でもないという値段設定であるといえる。

1万円もするとレジでの手渡しだしアクリルバリアが貼られているしダンボーが手を広げて通せんぼしてるし

 5枚で1万円ということは1枚当たり2000円という計算になるが、そこに大層立派なアクリルフレームが付いてくることが見逃されがちである。同じものではないので参考扱いとなるが、リャド好きさんの会社で販売されているメダル展示用アクリルフレームは最安商品でも2000円する↓。

〈参考〉
もはや神々しい
これ系のアクリルフレームに収めるとメダルの高級感250%増しですな
見えにくいが裏面には透明度の高い保護シールが貼られていて、細部にまで品質向上が行き届いている。商品としてのクオリティは超高い。

 また、最近続々と通販で購入したメダルが届いた報告があがっている【よう実フェスタ2024】のメダルは裏面に何のデザインもされていないのに1枚1350円であった。

このいかにも金かかってなさそうなメダルが1350円ですよ⁉︎

 展示用アクリルフレームが仮に1500円くらいの販売価格になるだろうと仮定すると、メダル1枚あたりの単価は1700円となる。もちろん安くはない。むしろ高い。

 が、ありえない値段でもないかな〜とはなる。もっとお値段高めのメダルも実際あるし

 ということでみなさん、迷わず買えよ、買えばわかるさ! である。早く踏ん切りをつけてこちらの世界へ来るのだ٩( ᐛ )و

外箱は天の川銀河ですよ
私が今までの人生で一回もとったことのないであろうポーズをとっている
「本来の用途以外に使用しないでください」の”本来の用途”って何なんでしょうね?




2 件のコメント

  • 家族でメダル集めをしていて、いつも家族で楽しく拝見してます。愛知県の高田寺でチラッとお会いさせていただいた、息子ふたり連れた主婦です。

    じつは私は宝塚ファン😂
    もう今回の記事は爆笑でした。夫と息子たちから、宝塚は分からないし、近づきたくないと言われている…その感覚が言語化されていて爆笑です。

    大魔結界…うちは家庭内で発動しており、私がブルーレイで宝塚歌劇を見始めると家族全員、ほかの部屋に一瞬で逃げていくんですよ😂

    茶平メダル集めてる宝塚ファン、っていうのがまず居ないから、ヅカ界隈ではメダルは全く話題になっていません。ミャクミャクも今回のも。

    人物を崇拝する推し活と、モノに執着するオタク活動は、目線が違うんでしょうね。
    110周年メダルセット、5人セットだからヅカファンで買う人すくないだろうなあと見ています。バラなら、スター個人のファンが買う要素がありますが。セットにされると、好きなスターいがいは要らないかなーって話になりそうな…。

    何セット売れるやら、貴重品になること間違いなしです。
    私はもちろん買います。兵庫の宝塚大劇場に行く予定が決まってますから、そこで買ってくるつもりです🫡

    余談ですが、手塚治虫記念館が宝塚大劇場に近いため、家族からメダルを買ってきてくれと指令を受け、忙しい観劇の合間に走った思い出…。

    長々と書いてすみません。
    これからも更新と情報を楽しみにしてます😄

    • コメントありがとうございます!

      高田寺でお会いしたこと、もちろん覚えております^_^
      息子さんのご要望でクロスランドタワーに特急電車で行ったエピソードを話していただきました!

      「セットだとお目当て以外のスターがいるから邪魔なんじゃね?」という観点は実はメダル仲間とも話題になった点なのですが、やはりヅカファンもそう思われるんですね〜
      ”推し”ですもんね。コンプしたいわけじゃなくて。

      兵庫の宝塚大劇場には私も行ってみたいと思いつつ、手塚治虫記念館の近くで庶民的なチャリに乗った団員さんとそのファンの方の交流を見かけた時から思っているのですが、未だ実現できていません。
      宝塚大劇場でも販売されておりましたら、ぜひお知らせください。それを糧に足を運んでみたいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)