イベント【開業70周年特別ナイトイベント 中部電力 MIRAI TOWERにゴジラ襲来!】 記念メダル

開業70周年特別ナイトイベント 中部電力 MIRAI TOWERにゴジラ襲来! 記念メダル ロゴAブラック
開業70周年特別ナイトイベント 中部電力 MIRAI TOWERにゴジラ襲来! 記念メダル ロゴAホワイト
開業70周年特別ナイトイベント 中部電力 MIRAI TOWERにゴジラ襲来! 記念メダル ロゴBブルー
開業70周年特別ナイトイベント 中部電力 MIRAI TOWERにゴジラ襲来! 記念メダル ロゴBイエロー
開業70周年特別ナイトイベント 中部電力 MIRAI TOWERにゴジラ襲来! 記念メダル ロゴBパープル

【販売場所】
@展望室
備考:【中部電力MIRAI TOWER】のメダルと同居して販売されておりまっす!

ワシら少なくなったら足すだけやから

ゴジラが浅瀬でバタ足してた

 名古屋テレビ塔70周年とゴジラ生誕70周年をコラボったイベントが【中部電力ミライタワー】で2024年6月20日(木)〜9月23日(月)の期間で企画された。ちなみに開始日の6月20日は名古屋テレビ塔の誕生日らしい。

 で。

 我々記念メダラーにとって重要なのは、1にも2にもメダルである。ゴジラコラボメダルが発売されるということで、開催初日から記念メダラー有志たちの購入報告が 𝕏上に流れた。しかし、メダルの販売のされ方が問題となった

全8種類とだけ告知されていた。が、フタを開けてみれば……
(中部電力 MIRAI TOWER公式HPよりスクリーンショット https://www.nagoya-tv-tower.co.jp/event/miraitower70/)

ヤな売り方だな
( ´ ▽ ` )

 とマニアからすれば素直に思う。が、売り手側視点に立てば、売る方としては別に1ミリの金銭的な損がない賢いやり方であるともいえる。要は発注数の全てを売り捌けば予定していた利益が確定できるわけなので、それを一気に売ろうが小出しにして売ろうが、追加発注をしないのなら得られる儲けは同じである。ただ小出しにして売る場合には、メダル目当てに何度も展望台まで登ってくるマニアから搾取できる入場料がそこにプラスできることになる。狙ってやってるなら実に賢いといえる(別にそこまで考えてないかもしれないけど)。

 それならそれで別に良いから、せめて公式 𝕏からでも入れ替わったことをアナウンスしてほしいところ。同じ売り方をした復刻過去メダル販売のときには、その都度アナウンスしてくれる親切心があった。

 またこの復刻メダルのときには、結果的に用意された数は十分ではなかったもののセット売りが存在した。遠方からやってきた記念メダルガチ勢はこのセット売りでどうにかコンプをカバーしたのか、この売り方に対して当時はあまり批判的な言葉は見られなかった

 ここまでの問題点をまとめると

  • メダル入れ替わりのアナウンスがないのでコンプのためにいつ行けば良いのかわからない。しかも第一弾入れ替わりのピンク➡︎ブルーは販売開始わずか3日後にひっそりと行われた
  • セット販売が無いので、コンプを目指すにはガチで何度も展望台まで上らなければならない。最低でも6回(ロゴAが入れ替わり、かつロゴBでまだ所有していないメダルが販売されているタイミングが重なるという好条件時)、最高では、入れ替わりがアナウンスされないので確認のために登ると入場回数青天井になる可能性あり(そんな人は恐らくいないと思うが)。
    ※セット販売が開始されたようです。しないと言っていたのに
むしろ会期が終わる前にメダルが枯渇するんじゃね? と心配されておりました。当初は再生産しないと言ってたから。売り切れたら入れ替えると公言して入れ替わりスピードが尋常じゃなかったから。

 という感じになる。私はこれは、自力でのコンプは事実上不可能に近いと考える

私、最初のメダルがピンクだったってこのときマジで知らなくて「まだ売ってんじゃ〜ん(*゚▽゚*)」とせせら笑っていましたよ
『ゴジラvsウエミーヤ』をARでキボンヌ

 展望料金が1回登るたびに最低1300円掛かる(夜間イベント時間だと1800円)。が、問題は金だけではない

 あるかどうかもわからないのに何度も賭けで登ることができるほど暇じゃ無いという時間的な問題もある。どちらかといえば真なる問題は後者であるといえよう。

 有志の報告によりメダルが入れ替わったことが判明することはこの先もあるだろう。しかし入れ替わりが判明したとしても、いつ入れ替わったのか正確な日時が分かる可能性はそう高くないし(第一弾入れ替わりはたまたま土曜日ピンク売り切れ、日曜日ブルー販売開始が判明した。これはイベント初期なのでメダルコレクターがたくさん足を運んだからだ)、分かったときには残数わずかな可能性も十分あり得る——つまり、待ちの姿勢でコンプを目指すのもまた危険なのである

 そうと決まれば、まあ転売ですよね( ´∀`)

転売ヤーに鬼気迫るゴジラさんがバタフライで迫る様子

 これは時間的なコスパだけではない。なんとも皮肉なことに、転売によってコンプリートすることこそが実は一番安上がりになる可能性だってあり得るのである。特に遠方勢だったら——仮に東京近郊だったら、間違いなくそうなるだろう。名古屋に来て帰るだけで2万円以上掛かるわけだから(まあ転売された物を購入するのが実は金も時間も一番コスパが良いのは、記念メダルの世界においては今に始まったことではないが)。

 転売が無くならない最大の原因は公式販売店は別に損をしないという点にある。つまり、コストを掛けてまで転売対策を講ずるメリットがマジでないのである。

 細かく見れば一概にそうとも言えないいろいろな要素はあるのかもしれないが、こと今回の件に関しては、結果的に全部売り切れれば【中部電力MIRAI TOWER】が得られる利益は、外国人観光客が購入しようが転売ヤーが購入しようがまったく同じである。転売ヤーのせいで本来記念メダラーが実際に足を運んで購入するはずだったものが売れなくなったとしても、どうせ外国人観光客がその分を買って行くだけの話である。

 ということで個人的には非常につまらない気分になってしまったこのゴジラメダル騒動である。が、なんやかんや言って、まあ私は出来得る限りは頑張ってみようと思っている次第。ここまでガヤガヤ言っておいて。すでにロゴBピンクメダルが手に入らないのでコンプは無理だが。

 まあどこまでやれるのかという実験の意味も込めて、 𝕏の情報を見ながら可能な限り購入してみようと思っている。こんなことを頑張る自分自身を腹の底ではちょっとバカにしながら

 実験結果を待て!

3階無料ゾーンにはゴジラコーナーあり。オープン当初はこの一画、VR専門のお店だったんだけどね〜
いまいち没入感のないパンダの写真
ゴジラって身長がぽこぽこ変わっていたのね〜と大変勉強になりました。いや、変わりすぎじゃね?
小学生の時に『ゴジラvsメカゴジラ』を友達と一緒に劇場まで観に行った記憶があり。子供心に「どうしてわざわざゴジラに似せたメカにするのか?」と疑問に思った記憶がある。特に、対ゴジラ兵器は実はメカゴジラ以外にもあって、ガンダムでいう「コア・ファイター」みたな飛行機型マシーンが存在する。「こいつを量産して空から一斉攻撃した方が良くね? 接近戦するより。ましてやメカゴジラの背中に合体する利点なくね?」と映画を見終わったあと友達に話したら、なんか微妙な空気になりました。

 ついでに言えば、私といえば東京スカイツリー】が嫌いと公言しているわけであるが、今回の一件でめでたく【中部電力MIRAI TOWER】も嫌いになりつつある。ただ【スカイツリー】の半額で展望室まで登れるので、そこまでいろいろなことの質を深層心理で求めないで済んでいるのが私にとっての救いである。入場料1300円は私にとっては大金だが、繁華街にある展望タワーとしてはかなり良心的な値段設定であるといえよう。

 一方で、記念メダルマニアの話や要望を【中部電力MIRAI TOWER】が真剣に聞いてしまったら終わりだなという思いもある。「すべてのジャンルはマニアがつぶす」というのは金言である。企業は声の大きい少数派の意見に揺さぶられてはいけない。サイレントマジョリティこそがメダル購入のマス層なのである。

まあ歌詞の内容は「サイレントマジョリティになるな! 声を上げろ!」みたいな内容ですが……

 これだけ文句を書いてきたが、文句を言っているのなんて記念メダルマニアくらいなものであり、ゴジラメダル購入のマス層は恐らく外国人観光客である。それなのにそんな少数派な奴らの怒りなどいちいち間に受けて経営方針をぶれさせては決してならない。色変えてったらあわよくばメダルマニアが何回か来るんじゃね? 程度のノリでも損はしないし、嫌われたって新作メダルを発売すればどうせ買いにくるんだからむしろ得しかない(私です)。外国人観光客はメダルがなくてもどうせ来るし、メダルがあれば何色だろうとメダル販売機に目が留まれば記念に買ってくし。

まあこういうもの買って行くよりお手軽ではありますな記念メダルは。「何に使うの?」問題は常にありますが。
とゴジラ御大もおっしゃっております。

早くもゴジラに見飽きた2回目

 登頂から3日後、衝撃的なポストが 𝕏の記念メダル界隈に流れた。

 そうか、こんなペースで入れ替わって行くのか。

 いや、わかってはいたけれど、ほんとにしんどいですなこれは。゚(゚´Д`゚)゚

 お金のこともそうなのだが、行って、登って、帰ってくる——この行程が何よりダルい。そんなに暇じゃないよと思いつつ、ここまで来たら意地で行けるだけ行きまくってやろうと決意を新たにした。自傷行為と同じである

このポスターはイカしている

 イヤなら行かなきゃいいじゃん、という正論に反論する術はない。

 痛いのがヤなら自傷行為なんてしなければいいじゃん、というのと同じである。正論では人を抑止できないのは、人間が愚かな生き物だからなのか。

 ゴジラに侵略されてしまうのもまた、人間の愚かさによるもの也——

こいつとあと何回顔を合わせることになるんでしょうね?

3回目のゴジラは悲しみの涙に濡れて

 雨が降っていた。

 この雨は、記念メダラー達が流す悲しみの涙であり、悔しみの涙である。わかりみが深い(謎ラップ)。

 3度目の登頂は滞在時間5分で済ませた。目標は「一瞬でメダルを購入し、乗ってきたエレベーターに乗り直してそのまま帰る」であったが、残念ながら目標達成ならず。やはりブロガーのSA・GAとしてラインナップを写真に収めていた時間が痛手となったね!

時間が余った?ので、なんとなく撮ったスタンプラリー

 この日はあいにくの雨で、”傘を持ちながらパンダを掲げてゴジラと一緒に写真を撮る”という行為がなんか難しかったな、という程度の思い出しかない。もはや記念メダルの”記念”の部分はゴジラメダルには存在しないのであった。

4回目のゴジラには憎しみを添えて

パンダを忘れたのでダンボーの足に挟んでおります。

 7月に入り、栄の街は殺人的な暑さとなっていた。久屋大通公園では”オクトーバーフェス”という毎年恒例のビールイベントが行われており、「あ、あたいはビールを飲みに行くんだもん! ゴジラはそのついでだもん‼︎」と自分に言い訳をしながらロゴBパープルを購入した。ついでに、”無い”と回答していたセットメダルの販売が後出しで行われたので、先行発売されたロゴBパープルを含む3枚セットを3階ショップで購入した。

このテーブルの目の前でTikTokの撮影をする女の子2人組がいて、頑張っている若者を応援したくなりました。何もしてませんが。
ショップ販売なのでプレミアム商品券が使用可

 この時にはもう、水辺で顔を出すゴジラを見るだけではっ倒したくなるようになっていた。たとえ法律に違反していなくても、不誠実な商売というのは消費者の怒りを買うんだなと思う次第である。それでも買いに行くんだから、マニアってのは本当に良いカモですな(´·ω·`)

入場料が高くなるナイトイベントは絶対に行ってやらん! と抗い続けている。

記念メダルについて

イベント開始4日後(6月23日)のラインナップ。この時には左端の「ロゴBメダル」がすでに入れ替わっていた。
イベント開始1週間(6月27日)でゴジラメダルは2種とも入れ替わった(正確にはロゴAホワイトver.メダルは前日の26日には導入されていた)
6月29日にはロゴBはイエローに入れ替わった。入れ替わりが激しすぎて、マジでアホらしい気持ちになる。
7月2日にはパープルに入れ替わり、「再販しない」「売り切れたら入れ替える」と謳われていたことはしれっとなかったことにしてロゴAブラックが復活した。

 このイベントのメダルに限定すれば、上記写真の左2枚が該当することになる。名古屋テレビ塔生誕70周年と兼ねているのでラインナップがごちゃっとしているが、ここではゴジラメダルのみを扱う。

 ロゴAメダルは左から2番目の、テレビ塔とゴジラで70歳のお誕生日をお祝いするメダルである。

 対して、6種類にも及ぶ「ロゴBメダル」は、足跡シリーズである。

なかなかかっこいいロゴデザインだと思うんですが、もう素直な気持ちで見れなくなっている自分がおります。
ピンクを取り逃がしました。

 で。

 有志によって1種につき各200枚しか生産していないことが判明している。また、売れまくっているのにその意思を貫けるかどうかははなはだ怪しいところではあるが、「再生産はしない」との回答も得ている。

ゴジラファンとも需要が被るし外国人観光客がよくメダルを購入している事実を踏まえると、マジで少ない。

 個人的な予想では、最終的には「ご好評につき、熱い要望にお応えしてゴジラメダル8種セット! 3階ショップにて新発売!」とかやりそうな気がしている。いつものアクリルケースに納めて。
※3種セットを売り切れごとにラインナップを入れ替えていくというクソ手法で販売始めました(7月2日確認)

 それは記念メダル界隈全体からみたらとても良いことなのでやってもらえば良いと思うのだが、それによって気持ちの面で不幸になった人間がいるということを忘れないで実施して欲しい。

 たとえ商売であったとしても、最後の部分は気持ちとかメンツとか筋論とか、SNS全盛の現在はそういうことで命取りになる時代なんですよということを名古屋の中心で愛を叫びたい。

展望台に先行してロゴBオレンジを販売するあざとさがマジ印象悪い
しないと言っていたセット販売をし、再生産もしたぜ! これが資本主義だ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)