静岡県【土肥金山】 記念メダル

 静岡県【土肥金山】は、『窓際のトットちゃん』にも登場する土肥温泉のほど近くにある、元鉱山である。

 ここを訪れる直前に『窓際のトットちゃん』を偶然読んだので、なんとなく印象が強く残っている。黒柳徹子の幼少期を綴った本著は、ADHDという発達障害を世に広く認知させるきっかけとなった一冊でもある。

 土肥金山では、元金脈のあった坑道探検と、砂金採りが体験できる。これが意外と面白くなくて、ちょっと期待外れであった。特に砂金採りは初体験だったため期待でハードルが高くなり過ぎたのがいけなかったのか、盛り上がりに欠けた。砂金採りとは、ひたすら地味な作業の繰り返しであり、根気のいる仕事であった。どんな仕事も楽しくて楽なものはないのである。公務員体験とかあったって、きっと楽しくないのと一緒である。

 資料館もあり、金にまつわる資料が展示してあったような気がする(小判とか)。ただ、こちらもあまり興味がないのよねー。金塊に触れたような気がするのだが、残念ながら、金塊は既に触ったことがあったのだった。

 帰りに、『窓際のトットちゃん』にも出て来た土肥温泉に寄ろうかとも思ったのが、訪れたのが夏だったため、暑くてとてもそんな気にはなれなかった。「夏に温泉に行くなら山の温泉にすべし」ということを学んだ場所でもあった。軽井沢をはじめ長野県が避暑地に選ばれる理由がよくわかった。海の温泉に来るなら、当然冬がベストだということになる。

 とにもかくにも、「記念メダルに相応しい場所だな」という印象が残った場所である。

 ちなみにここでは小判型記念メダルも販売されている。私は集めていないので未購入。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)