邪道【神戸ポートピアランド】 記念メダル

 【神戸ポートピアランド】は、神戸の人工島ポートアイランドにかつて存在した、今は亡き遊園地である。地方博のレジェンド【ポートピア’81】開催の際に同時に造られ、開園された。【ポートピア’81】で遊戯施設としての役割を担い、閉幕後もそのまま単独の遊園地として残り運営されていたが、2006年に業績不振により閉園した。

 この遊園地の最大の特徴は、5ヘクタールという敷地面積の狭さである。5ヘクタールがどれくらいかというと、東京ドーム約1個分ーーつまり、東京ドームと同じくらいしかないということである。クロマティなら、遊園地の入り口で球を打ったら園外までボールを飛ばせるくらいの広さしかないということになる。

 ここは当時としてはかなり先進的な遊園地で、絶叫系の乗り物ばかりだったらしい。つまり、ターゲットを若者ーーそれも小学生やら中学生といった若年層ではなく、主にカップル等に絞った非常に割り切った遊園地であったようで、立地も含めて「デートスポット」として繁盛していたらしい。昼間はこちらで遊び、夜は夜景を見ながら大人の遊びをするというのがきっと定番のデートコースであったのだろう。そういった意味では成り立ちから活用のされ方、ターゲット層まで含めて横浜の「コスモワールド」と似ている。というのも当然で、「コスモワールド」が造られることとなった【横浜博覧会】は、そもそも【ポートピア’81】に倣って開催された地方博なのである。都市開発から跡地利用計画まで、みなとみらい地区は多くのことが神戸と同じ道をたどっている。

 昔は盛況だったらしく、全盛期には年間160万人以上の来場者があったらしい。東京ドーム一個分の面積で運営していたこともあり「日本一効率的な遊園地」と称されていたそうな。きっとこのときはウハウハであったことだろう。経営者は「遊園地は広さじゃない、内容だよ」とか言ってたかもしれない(完全なる想像)。

 それが下火になったのは、やはりきっかけは阪神・淡路大震災であったと思われる。そこから、当時の不況やUSJの開業などが重なってゆき、立て直すことが不可能になったのだろう。

 言葉で表すとこのような簡単な説明に尽きてしまうが、そもそも「遊園地」というものがもはや古臭いものになりつつあることが否めない。記念メダルを手に入れるために各地にある昔ながらの遊園地に足を運ぶわけだが、その度に感じるのは、「ディズニー」や「USJ」との圧倒的な差である。どの遊園地も、とにかく垢抜けておらず、「90年代」のノスタルジー的なものを感じてしまうのである。雰囲気がどうにも暗いし、なんだかさびれているというか汚い感じだし、午後になると眠くなってくるしで、ディズニーやUSJのような「ただそこにいるだけでワクワクする」という高揚感は皆無である。ディズニーやUSJはパーク全体で世界観を作っており、いわゆる「別世界」の演出にスタッフ(キャスト)の仕事ぶりを含めて余念がないのだが、他の遊園地は「乗り物」と「係員」という役割だけをまっとうするだけで、遊園地という場所は「乗り物」を置いて「係員」が動かすというその単なる場所でしかないーーって、伝わるだろうか。

 第三のテーマパークの覇権を争う「富士急ハイランド」と【長崎ハウステンボス】も、結局はこの「世界観」というものが不足していて、どうも午後は眠くなりがちである。この二つならまだ【ハウステンボス】の方が世界観というものに徹しているが、それが夢の国ではなく、ヨーロッパの街並みであるという点が痛い。ヨーロッパの街並みはヨーロッパであって、夢はない。

 【ポートピアランド】は経営不振により一度神戸市に無償譲渡されているが、それでも立て直せず、今では跡地にイケアが立っている。きっとイケアの方が現在ではよほど集客ができることだろう。

 遊園地事業というのは、土地や設備がでかすぎて容易に撤退ができないという点で、非常に危ない事業であるように感じる。やめたくても、どうにもできずにズルズルと赤字運営を続けていかざるをえない感がある。しかも流行り廃りが激しく、常に最新のものを取り入れていかなければならないのに、土地も金も莫大にかかる。USJだって、いつかは『ハリーポッター』というコンテンツを「なにそれ?」と思う世代が出てくるだろうに、そのときにあれほど巨大な設備をどうしていくかなどまだそんなには具体的に考えてはいないだろう。忘れてはならないのは、『ハリーポッター』という作品はすでに終了したコンテンツであり、発展性は実はあまりなく、今後は忘れられていくものであるという点である(『ファンタスティック・ビースト』でやるのか?)。

 で、記念メダルに関してだが、この記念メダル「遊園地の遊具を描いている」という実は珍しい記念メダルである。観覧車を描く記念メダルはよくあるが、ジェットコースターやメリーゴーランドを描いているものというのは、私自身は初めて見た。遊園地の記念メダルは大抵、その施設の全然可愛くないマスコットキャラクターを描いているものなのである。「誰?」みたいな。

 ここまで散々言っておいてなんだが、いろいろなことを含めて、一度くらい訪れてみたかった遊園地である。もちろん、夜の神戸を満喫できる相手と一緒にね〜




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)