邪道【浜名湖サービスエリア】 記念メダル

盛者必衰のことわり

過疎過疎過疎

 【浜名湖サービスエリア】は、「海老名サービスエリア」と並んで東名高速道路上で一、二を争う人気サービスエリアだった

 過去形なのは、もちろん「新東名」の誕生によって情勢が変わったからである。SA界で不動の1位を誇る「海老名SA」は東京に最も近いSAとして現在でも不動の集客を誇るが(PAならもっと近いのがある)、新東名の爆誕により、お洒落でグルメで機能的でその上綺麗なSA・PAは全て新東名側に揃ってしまった。高速道路をよく利用する長距離運転手等はどこそこのSAが好きというのがあるのかもしれないが、特にこだわりがない一般人は、綺麗でお洒落で機能的な新しいSAの方が良いので、自然と新東名に流れることになる。というか、そもそも車のナビが、愛知—東京間の道のりではほぼ100%新東名を使用する経路を示すので、特にこだわりがない場合は大抵新東名を利用する。

 何が言いたいのかというと

過疎ぶりがすごかった

ということである。久しぶりに訪れてみれば、ゴーストタウンかと見まごうばかりの状況であった。この日、この時がたまたまだったのかもしれないが。

パンダを探せ
恋人の聖地が世に溢れ過ぎている問題
サービスエリア内とは思えないような公園があるのだ!
ただ私、湖を見ても綺麗とも綺麗じゃないとも思わないのよね……
沢尻エリカばりに「別に……」なのです。
この日時計を見ていま何時かわかる人〜?

 【浜名湖サービスエリア】には過去何度も訪れたことがあったものの、人が多いしそもそも「移動の休憩のための施設」なわけなので、ほとんど見て回ったことはなかった。そんなわけで今回、出会いから実に20年近く、初めてじっくりと回ってみたのだが、「まあサービスエリアですから……( ・∇・)」といった感想である。時代が進み過ぎていて、他にはないこの施設独自の特徴も「サービスエリアなのに凄い!」みたいなインパクトはまったくなくなっていた。今や時代はSAでバイクレンタルができたりレーシングカーが置いてあったりする時代ですからな。

 ただ、記念メダルが販売されていたような時代には、きっとこのSAは革新的な施設であったのだろう。「SAなのに湖が見られるなんて! 公園があるなんて!」という驚きとともに大人気であったに違いない。明らかにデートスポット感を演出する要素があるので、ドライブデートの鉄板場所だったのかもしれない。

 ナウでヤングな若者達が集まる光景を想像しつつ、お腹を満たして出発したのであった。

恋人の聖地よりも私は白い恋人派
「浜松餃子ラーメン」という浜松ラーメンと浜松餃子を単純にドッキングした色物ラーメンを食す。1+1が1.5になっただけの残念なラーメンでございました。
『君の名は』を絶妙に文字っているのか、そんな気はないのか。
お土産コーナーにもちろんメダルはありませんでした〜

記念メダルについて

このタワー、何ですかね?

 もちろん現存していない(と思う)。展望タワーのようにも見えるが、もしかしたら電波塔とか巨大な電灯とかかもしれない。ググってみると1999年に照明灯が撤去されたという記事を発見したので、もしかしたらそれかもしれない。

 デザイン的には実は私はわりと好みである。珍しいのは、背景がツルツルでもなければ梨地でもなく、他であまり見ないパターンである点だ。

 この辺の技術的なことも茶平工業に尋ねてみたい。「どうなんでしょうね〜(笑)」と言われるかもしれないが( ・∇・)

(過去記事)

 その昔は、高速道路のサービスエリアでも記念メダルが発売されていたのだ! という一枚。東名高速道路【浜名湖SA】は東海地方では最も有名なサービスエリアの一つで、休日ともなるといつも満車近くに混雑している人気SAである。そのため私はほとんど寄らない。バイクに乗っていたときは「バイクなら大丈夫」と軽い気持ちで寄ったら、バイク駐輪場もハーレー軍団で溢れかえっていたという苦い思い出がある。ただ車を停めるだけなら、日本一の集客数を誇る「海老名SA」の方がまだよいという個人的な見解である。現在は新東名が豊田市まで伸びたたため集客が分散されそこまでの混雑ではないかもしれないが、停めるのに苦労するとという意味でかつては私が最も嫌っていたSAであった。(平日は普通に停められる)。

 一番のウリは、浜名湖を一望できる景観であると思われる。浜名湖を眺望できるレストランや、展望台のような場所があり、人もたくさん集まっている。ただ私は大自然の雄大な景色に全然感動しない人間なので、その辺も全くピンと来ず、私なんかが眺めに来ちゃってむしろすみませんと思った。ほんとすみません。

 また、浜名湖名物の「うなぎ」を食せるレストランがあったり、うなぎパイファクトリー直送の「夜のお供 うなぎパイ」が売っていたりと、SAグルメがテレビで流行りだす以前からご当地感を前面に推す先駆的なSAであった。ただ「SAでうなぎ食うか?」と根っからのけちんぼでひねくれ者の私は思うのだが、それは貧乏人のひがみで、休日にはうなぎを食べる客がたくさんいた。私のような水飲み百姓はSAで3000円以上もの大金を消費したことがない。

 なんか悪くばっかり言っているが、それだけ人気のあるSAだということが言いたいのである。悪いのは世の中に背を向ける私である。

 そもそも私はSAよりPA(パーキングエリア)派なのである。理由は簡単で、SAよりも人と車が少ないからである。そもそもSAでなくPAでも食事はバッチリできるし、最近ではトイレの質も格段に上がり、むしろ利用客が少ない分、PAのトイレの方が綺麗な場合も多い。かつては軽キャンピングカーで週末ごとに全国津々浦々を旅していたので、「車中泊で安眠できる場所」を常に探し求めていた結果、たどり着いたのがPAであった。SAでは人と車の出入りが激しくいまいち落ち着かず(そのためにSAはあるので悪いことではない)、昨今流行りの「道の駅」は17時には施設を閉めてしまう場所が多く、食料面で不自由するし、防犯上の不安もあるし、何よりトイレの清潔さがイマイチな場所も多かった。

 「車中泊」という観点から考えると、PAは全てが程よい規模で、利便性に優れた場所なのである。

 そんな私の需要とは全くマッチしない大規模SAであるが、何度も繰り返すように、悪いのは全て私である。「好きなSAは?」という問いに東海地方の多くの人が恐らくここ浜名湖SAを挙げることだろう(刈谷かもしれなけど……)。SAは駐車場も広くて後ろの方に停めると遠くてめんどくさいなぁといちいち愚痴る人間失格な私がいけないのであって、クッキングカー等の屋台的な店舗もたくさんあり、楽しくてついつい財布の紐が緩んでしまうお父さん泣かせのとっても素敵なSAである。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)