北海道【JRタワー札幌】 記念メダル

 地方都市は、概して駅にタワーを建設したがるものである。恐らくランドマークとして建てていて、無論その狙いは適っているのだが、「猫も杓子も」という言葉が脳裏に浮かぶ。タワーには展望室を設け、展望室には記念メダルを置きがちである。記念メダラーとしてはもちろん嬉しいことだが。ただ私は、地方都市のこの画一的な発想が嫌いなのである。他と差別化しようという意気込みをもって、オリジナリティ溢れる街づくりをしてほしい。と小市民が好き勝手に言っていると怒られそうなのでこの辺にとどめ置く(という言葉で批判を牽制する)。

 さて、この【JRタワー札幌】で珍しいのは、「冬季限定記念メダル」なるものが存在する点である。私は現在所有していないが、冬季限定バージョンでは、左上のロゴが雪の結晶となっている。カラーも施されていて、正直そちらの方がオシャレである。さすが限定バージョン。

 そんなわけで、記念メダラーとしては冬に行くのがベストなのである。が、冬の北海道に行くのは、なかなかの旅行上級者であると思うのは私だけだろうか? 行くなら「札幌ゆき祭り」目当てになるだろうか?

 また、ここにはかつて「純銀製記念メダル」があったらしい。現在では【東京スカイツリー】のみに存在する純銀製記念メダルだが、私が訪れたときには既に販売中止になった後であった。売っていたら絶対購入したのだが~

 住まいからの遠隔地はなかなか日程調整が自由にならないので、期間限定メダル等はなかなか難易度の高いシステムである。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)