北海道【標津サーモンパーク】 記念メダル

 ここのウリは、サケではなくチョウザメである。

 チョウザメがウヨウヨいる。ぐちゃぐちゃいる。寺の池の鯉のようにいる。

 そして、チョウザメに自分の手を食べてもらえるのである。いやマジで。

 チョウザメには歯がないのである。だから、嚙まれても全然痛くない。むしろなんだかよくわからないけど気持ちいい。手先がきゅっきゅきゅっきゅとなる。

 キャビアで有名なチョウザメは、実は川に住む淡水魚である。「サメ」ときいて思い浮かべるイメージの魚とは違い、科も「チョウザメ科」と独立している。いわゆる古代魚というやつで、とても仰々しい姿である。

 そんなチョウザメが、自分の手をかみかみしてくれるのである。超かわいい。

 サケはついでに見に行くとよい(個人的見解)。私はサケには全く興味がないので、チョウザメ以外の展示は全然興味をもてなかったのだが、「隣を流れる川の底が見えるようになっている展示室」は、なかなか面白い発想だと思った。サケを捕まえてくるのではなく、サケが泳いでいる川に隣接させてそれを見せるという逆転の発想である。

 私が行った時は何も見えなかったけど。

 でも、サケが見えるときは、きっとすごいのだと思う。きっと。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)