岐阜県【岐阜かかみがはら航空宇宙博物館】 記念メダル

 

 【岐阜かかみがはら航空宇宙博物館】は、【かかみがはら航空宇宙科学博物館】がリニューアルされて平成30年3月24日に新たに誕生した施設である。実は【茶平工業】に会社訪問させていただいた際、この新メダルの「金型」を実際に目にしたので、新しいメダルが発売されることを知っていた。よって確信をもって、開館日に訪れた次第である。

 

↓入館前に結構な数の飛行機が見られる。記念メダルは入場前に購入できるので、外の展示だけ見て満足して帰る記念メダラー率が高そう。青い自販機を設置すべき場所がわかってないね!

 

 私、致命的なまでに飛行機に興味がないのである。クルマと大型フェリー(客船)は好きなのだが、鉄道と飛行機は全く、全然、これっぽっちも興味がわかない。訪れるのが申し訳なくなるくらい興味がないので、写真と共に雑な感想を。

 

↓入場して早々に、超ハイクオリティのパノラマスクリーンが出迎える。私としては、これで映画が見たい。山ではなく。

↓たぶん結構目玉な展示物。堀越二郎じゃない方の結構有名らしい飛行機設計士が作ったという飛行機で、確かどこかに残っていたのを川崎重工が修復して展示してるみたいな話だったような……人間とは興味がないことは覚えられないようにできているらしい。記念メダルに関しては図柄を見れば大抵どこのものか答えられるのに。

↓木製のヘリコプター。もちろん空は飛ばない。いわゆる「雛形」みたいなもので、試作機を造るさらに前段階に、実物大で一度模型を作ってみるらしい。私はヘリコプターはまあまあ好きなので、興味がいった次第。ちなみに、ヘリコプターで都市の夜景を見たこともある。いまとなっちゃあヤな思い出だけどね!

↓飛行機には興味がないが、宇宙には多少の興味あり。宇宙エリアの方が私は楽しめた。ただロマンを感じるほどでもないという微妙な関係。そんな宇宙と私。

↓火星探査車。1日200mの移動って、企画段階で「それで良いのか?」みたいな意見は出なかったのかな? いや、すごいことだとはわかっているが。

↓国際宇宙ステーションの日本発実験棟「きぼう」の模型。妖怪ウォッチブームにのってジバニャンテイストなのか!?

↓記念メダル購入のために、1万円札をくずす目的で購入した鮎の塩焼き。川魚が大好きです!

 

 他、「宇宙飛行士は週休2日」など興味深い情報がパネルで説明されていた。土日にお出かけもままならない環境で、何をして過ごすのかな? YouTubeかな?

 ただ、基本的にはあまり興味がない分野の博物館なので、1時間ちょっとくらい見て回って帰った。まあ【あいち航空ミュージアム】の20分よりはかなりよいが。【あいち航空ミュージアム】<【かかみがはら航空宇宙博物館】。そもそも展示物の数がまるで違う。なのに入場料は安いぜ〜

 ちなみに、面白いと思ったのは、入場券がレシートであった点である。豪華なレシートというわけではなく、そのまんまなあのレシートなのである。あのレシートの下の方に、ついでのように「入場券」と書かれていて、何回でも再入場できますよ〜と雑な感じで書かれているのが逆に斬新だと感じた次第。写真を撮り忘れたのが非常に悔やまれる。

 そして超どうでもよい話だが、この記事を書いている途中で、以前大好きだった人が結婚したことを知り、言葉にならない想いとなる。そう、早々に記事を終わらせるのは、もう書けないからである。

 男というのは、かくもいつまでも未練たらしいものなのか。ただそれくらい、本当に大好きだったということでもあるのです。という、言われても困る話。私キモい〜

 ただ、幸せになって欲しいと思えるくらいには大人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)