岐阜県【アクア・トトぎふ】 記念メダル

 この水族館は東海北陸道という高速道路のPAにある水族館で、いわゆる「ハイウェイ・オアシス」の先駆けともいえるような場所である。しかも珍しいことに「淡水魚専門の水族館」なのである。この場所を初めて訪れたときは超感動した!

 淡水魚なので、基本的には川魚である。で、川魚と聞いて最初に思い浮かべるアユとかイワナとかいった食べるとおいしい日本の川魚が最初に展示されていて、「しょぼいなー」というのが序盤の感想になることを請け合いである。

 が。

 「世界の川魚」ゾーンに突入した途端、世界が一変する。特に最初のアマゾン川ゾーンは圧巻の一言で、「倒したら経験値とゴールドがもらえそう」と思うくらいのモンスター級にデカいナマズやらなにやらが突然目の前に現れる。ここは正直、すげーびっくりした。川にこんなのがいたら、捕まえるよりまず逃げること間違いない。怖いもの。

 そこからはとにかく「これがほんとに川にいるの?」という生物のオンパレードで、日本の川がいかに安全なぬるま湯であるのかがわかる。日本で川辺というとのほほんとしたイメージがあり、「鴨川等間隔の法則」に代表されるような男女が並んで腰を下ろしていちゃいちゃするファッキンジャップな雰囲気の漂うものであるとの認識であろうが、目の前の川にこんな生物が泳いでいるかと思うと、寄り添ってサンドウィッチを食べる気も起きまい。

 また、この水族館で、恥ずかしながら「チョウザメ」がサメではないこと、また淡水魚であり中国の川(長江)に生息していることを初めて知った。「キャビア」はサメの卵であると信じて疑っていなかったのだが、「チョウザメ」は、近くでみると、サメよりだいぶゴツゴツしており、何よりキモかった。いわゆる「古代魚」というやつで、シーラカンス等に通ずる無骨さがある魚である。記念メダルを巡る旅は「学びの旅」であると初めて実感したときでもあった。思い出せないことの方が多いけど

 ちなみに施設のレストランでは、チョウザメの身とキャビアがのった「親子丼」が食べられる。私はむしろ、キャビアよりチョウザメが食べてみたかったのだが、あるいは食べてみたのかもしれないが、何を食べたのかはもうさっぱり覚えてないのである。

 人の記憶とは実に儚きものかな(こればっか)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です