長崎県【長崎ペンギン水族館】 記念メダル

長崎ペンギン水族館

実はそこら中でハバを利かしているペンギン達

長崎ペンギン水族館 入り口
某ディスカウントストアのマスコットキャラに酷似したキャラクターが出迎えてくれる

 実は私はペンギンがそんなに好きではない。好きではない、というか、飽きているといった方が正しいかもしれない。

 記念メダラーあるあるの一つとして「やたらと動物園と水族館に訪れている」という避けては通れない一つの道があると思うのだが、ペンギンという存在は文字通り海のものとも山のものともつかない存在で(まあ山にはおりませんが。ケープペンギン等の陸のペンギンをイメージして)、「動物園にも水族館にもいる」=「どこにでもいる」という動物なのである。もちろんそのことにペンギンには罪はない。むしろそれほどまでに乱獲している人間こそが罪深い——などというめんどくさい奴だと思われてしまう話は置いておいて。

 記念メダラーは、ペンギンとの遭遇率が実に高いのである。遠征すれば絶対一度は出会う、みたいな。無類のペンギン好きならばそれはハッピーなことかもしれないが、好きでもきらいでもない人間からしてみたら、いつしか「ペンギンコーナーはまあスルーで。どこにでもいるし」という心理となってくる(私だけ?)。特に時間が限られている旅では時間短縮のためにふるい落とされる第一候補となる。

 が。

 ここ【長崎ペンギン水族館】は、その名の通り、ペンギンを専門とした水族館なわけである。つまり、「イヤでもペンギンと向き合わなければならない」という、人は誰も恋をして初めて知る本当の自分の弱さと強さと向き合っていくのさ(コブクロ『風』より)的な話になるわけである(伝わってます?)。そんなわけで「ペンギン」という存在に改めて向き合う次第となったのであった。

長崎ペンギン水族館 大学の隣
大学の隣にありましてね(大学の研究施設?)
長崎ペンギン水族館
サッカーやっててなんかテンション上がったという、99%の人が興味ないだろう話ね、これ

水族館史上最安値の施設を訪れて――

 水族館というのは、動物観と比べて入場料がかなり割高である(動物園→平均1000円以下。水族館→平均2000円前後)。それは水槽等の「施設維持におけるランニングコストの違い」が主な要因であると思われるため仕方ないところがあるのだが、そんな中でなんとここ【長崎ペンギン水族館】の入館料は破格の510円(!)である。「ペンギンしかいない」という後ろめたさからか何なのか、今までにない価格帯に非常にびっくりした。これならデートで彼女の分の入場料を払うのも余裕である。大手の水族館で二人分支払うと目眩がするのよ……(←ダサさの極み)。

長崎ペンギン水族館 入館料
「僕が払うから大丈夫だよ!」というセリフが笑顔で言えます。

 入場すると、まず真っ先に皇帝ペンギンの群(の写真+α)が出迎えてくれる。なるほど、さすがペンギン水族館である。しかしそこで、リーダー格のひときわ立体的な皇帝ペンギンが、純真無垢な子供を引き連れて入場者の前に立ちはだかる。見れば、そのお腹には謎の切れ目が……そして股の間から顔を覗かせる子ペンギンのつぶらな瞳は、そのお腹の切れ目に先ほど券売機に投入した物と同様のものを入れるよう訴えかけてくるかのようである。そうか、ここで激安の入館料では不足する分を補填する仕組みとなっているのか⁉︎(違います)

長崎ペンギン水族館
ちなみにこの後、この親子と再会することとなります@【長崎バイオパーク】

 からの、巨大水槽でペンギンが高速で泳ぐ姿でお出迎え! かと思いきや、全然泳いでくれない!

長崎ペンギン水族館
ペンギンがペンギンを見上げるというのはなかなかシュールな図かと

 その他、当たり前だがペンギン推しではあるものの、ペンギン以外の展示も多少あり、なかなか頑張っていた印象である(費用対効果という観点で)。

長崎ペンギン水族館 特別展
論理の飛躍が著しい特別展
長崎ペンギン水族館
丸いうんこを転がすことから太陽を動かしている神様を発想するイマジネーションこそが神
長崎ペンギン水族館 うなぎ
ぴちぴちTシャツ(ダメージ加工あり)
長崎ペンギン水族館
ペンギンと共に飛び出す3D映像の海の中を探検するシアター。これは何気に凄かった! 酔った!
長崎ペンギン水族館 ペンギン
足ぴーんとしたペンギン。ふくらはぎつりそう(ないけど)
長崎ペンギン水族館
映画に出てくるキャパオーバーの刑務所のような光景に見えましてね……
長崎ペンギン水族館 ペンギン
そうなると、識別のためのICタグが囚人管理タグのように見えたりね……
こういう写真を撮ることにだんだん抵抗がなくなってきた30半ばを過ぎたおっさん。インスタにハマる女子の気持ちがちょっとわかってきちゃったというね……

 500円ちょっとの入場料の割にはとても充実した施設で、大変好印象であった。ペンギンに興味が湧くかといったら私はやっぱり湧かないんだけど、記念メダラーにとってはそこは結構どうでも良いところだよね(極論)。ただ一つだけ、この施設でしか見たことがない珍しい展示の仕方があり、それを見られただけでもお値段分以上の価値があったと感じた。それは——

長崎ペンギン水族館 ふれあいビーチ

 なんと、ペンギン放し飼いゾーンがあるのである。これは初めて見た試みなので、なかなか感動した。イルカではこうした展示の仕方は他の水族館もやっているのだが、ペンギンでは他にない。また、フンボルトベンギン(南アフリカに生息する陸のペンギン)でやっているところもポイントが高い。フンボルトペンギンの展示自体、実は割と珍しいのである。

 もちろんいろいろとふれあえるイベントも催されているようであった。一人でなければ、こういうイベントに参加すると楽しいんだろうけどね〜。一人だとこういう「水族館の醍醐味」みたいのを省略しちゃうよね〜。寂しいよね〜。ああああ……

記念メダルについて

長崎ペンギン水族館記念メダル販売機&刻印機

 ここの記念メダルは円形であることを生かしたデザインとなっており、こういったパターンは実は意外と珍しかったりする(円形であることを利用して古銭に見立てているものはあるけども)。

長崎ペンギン水族館 記念メダルおもて
写真を撮るとき、どこが上かわからなくなって困るデザイン

 こういう「うまいな〜」と思うデザインと出会うと、もう一度オリジナルメダルの製作にチャレンジしてみたくなる。もっとデザインをよく練って、「記念メダル」だからこそできたデザイン、「記念メダル」ということを生かしたデザインを実現したい。再チャレンジはもちろんやる気とお金さえあればできるんですがね……。

 ということで、シンプルながらも、かなり感銘を受けた一枚である。それぞれのペンギンの特徴を捉えたデフォルメ造形も見事である。こういう「シンプルだけどひと工夫あってイイ!」というのが私が目指すメダルのデザインである。いや、当分やらないけどね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)