邪道【東京駅100周年】 記念メダル

 世の中が「東京駅100周年記念suica」の品不足→販売中止で沸き立つ2012年。我々記念メダラーの聖地である茶平工業HPのメダリアン掲示板上では、【東京駅100周年】記念メダルの発見報告に沸き立った(聖地と呼ぶにはよく荒れるが。いや、聖地だからこそ荒れるのか? エルサレムのように)。東京駅100周年というホットな話題であることもさることながら、注目されたのはその販売方法である。

 いつものあの青い自動販売機ではなく、なんと「ガチャガチャ」で販売されたのである。

 この時ほど、東京近郊に住んでいる記念メダラーが羨ましかったことはない(と国立科学博物館のイベントで記念メダルが販売されるたびに思っている)。東京駅も「キャラクターストリート」をはじめ言わずと知れた記念メダルスポットではあるが、「東京駅を題材とした記念メダル」というのは実はこれが初めてであり、かなり激アツであった。しかも「ガチャガチャ」で販売するなど、一周回って逆にオシャレというやつなのである。普通に考えれば茶平工業からあの青い自動販売機をリースする方がよほど特殊なのだが。

 記念メダラーにとって大きな壁となるのは、「一般の方も買いたくなる」という記念メダルである。普段は見向きもされないハズの記念メダルが、なんと一般消費者にも受け入れられてしまうがあまり、一瞬でなくなるメダルというのが存在する。【東京駅100周年】の活況は、まさにそれに値するものなのであった。

 そんなわけで、私が訪れた時には当然もうなかった。ガチャガチャもなかった。この目でそのガチャガチャを一目見たかった。片思いというのがこんなにも苦しいものだなんて、いくつになっても恋というのは人を苦しめ、そして喜ばすものであることよ(なんの話?)。

 そんなわけで邪道な入手方法をしたわけであるが、実は【東京駅100周年】記念メダルは二種類あり、掲載した物は割とよく見かけるのだが、もう一枚をなかなかお目にかけることができない。私の心はいまだ半分しか満たされていないのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)