長野県【アリオ上田】 記念メダル

ここはイトーヨーカドーがベースのショッピングモールである。本当にいたって普通のショッピングモールで、買い物客で溢れかえっている。要するに、観光客がわざわざ来るようなところではない。

 なぜここで記念メダルが販売されたか謎である。確か割とすぐに販売も終了した。確か上田城の近くで、上田城に行ったついでに寄ったような気がする。駐車場が時間制だったため、とにかく急いで販売機を探し、購入したらササッと退散した記憶がある。

 唯一思ったのは、「イトーヨーカドーがベースのショッピングモールってのは、珍しいなぁ」ということぐらいである。昨今ではイオンの勢いが圧倒的で、他のスーパーがベースの専門店街付きショッピングモールというはとんと見なくなった。

 岐阜に「カラフルタウン」というこれまたイトーヨーカドーベースの古くからあるショッピングモールがあるのだが、ここは珍しいことに、一階にいろいろなメーカーのディーラーがあり、クルマの見学が非常にしやすくなっているのである。ディーラーに車を見に行くのって、かなり腰が重く気合のいる行動であると思うのだが、ショッピングモールの通路に車両が展示され、スタッフが案内に来ることもなく、見学や試しに乗り込むことがかなり気楽にできるので、売り上げもよいらしい(展示車はめっちゃ傷つくだろうが)。

 イオンでないならば、これくらい他にはない「何か」で差別化をしなければ厳しいのではないだろうか。その点、ここ【アリオ上田】はいたって普通のショッピングモールであった。他に買い物スポットがないならば安泰であろうが、近くにイオンモールができると、途端にピンチに陥るだろう。

 最近では、夜9時閉店でも、「早いし~」と不満が上がる世の中になってしまったのだ。全てはイオンモールが「専門店街は夜10時まで。イオンは夜11時まで」という文化を作り上げてしまった所為であろう。小売り戦争はかくも厳しいものなのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です