北海道【登別マリンパークニクス】 記念メダル

 ここは水族館と遊園地が合体したような施設だったような気がする。

 水族館の外観が、メダル裏面のロゴマークのような西洋のお城風建物で、かっこよかった。ような気がする。

 展示物で印象に残っているのは、当時いろいろな水族館で流行っていたイワシの大群によるショーである。イワシショー専用の水槽があって、その中に大量のイワシと共にサメが放たれていた。司会のお姉さんの解説によると、イワシは身の危険を感じて緊張すると固まって泳ぐ習性があるので、サメを一緒に泳がせていると。ということは、イワシの緊張は常にMAXであるということである。言ってみれば出向社員が固まって弁当食っているようなものである。違うか。

 ちなみにお姉さんいわく、サメは満腹にしているので、イワシを食べることはないと言っていた。過去に絶対食べられたことあるだろうと思ったが、そんな野暮なことを言うのは大人ではないのである。

 あとは、イルカの水槽が割と近くから見られる感じだったような気がする。ノコギリエイとか珍しい生き物もいた気がする。水中トンネルがあったような気がする。

 そう、全ては遠い日の思い出である。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)