邪道【中日ドラゴンズリーグ優勝 1999年】 記念メダル

 1999年の中日ドラゴンズは、2回目の星野仙一監督体制4年目のシーズンで、セ・リーグ優勝を果たしたシーズンである。が、日本シリーズでは、福岡ダイエーホークスに1勝4敗で特に良いところもなくあっけなく敗北した。

 

↓1999年の福岡ダイエーホークスリーグ優勝メダル

 

 2000年前後のプロ野球の歴史を「記念メダルで」振り返ると、星野仙一監督の名がよく出てくる。ということは、この方はよくリーグ優勝していたんだなぁ、本当に名将だったんだなぁということを認めざるを得ない。嫌いだけど。どこに行っても結果を出すというのは、本物である証拠である。嫌いだけど。選手ではなく、監督の力で優勝に導いているといっても過言ではないからである。嫌いだけど。ええ、嫌いだけど。

 また、星野仙一監督が優勝すると、記念メダルが作られる傾向が強い。ということは、2013年の楽天リーグ優勝&日本一のときなども記念メダルがあるのかしら。知っている方いたら情報求む(松本徽章工業製の記念メダルがあるのは把握している)。

 1999年に関しては、私は大学受験の真っ最中であり、プロ野球観戦といった娯楽(と言ったら怒られる?)とは全く切り離された生活を送っていたので、このシーズンの記憶は全くない。ただあの時の心境でいえば、どんなテレビ番組であろうとーーそれこそNHKの夜7時のニュースであろうと面白く感じていたので、「空腹は最高のスパイス」とは言い得て妙であるとしみじみと感じた。プロ野球観戦をしていたら、野球に全く興味がない私でも恐らく全戦観戦してしまっていたかもしれない。

 1999年はノストラダムスの大予言で人類滅亡が予言された年であり、「7月に世界が滅びたら、今している受験勉強も全てが無駄になる」という言い訳のもとダラダラと勉強していたらあっさりと8月になり、これはいかんと横浜の予備校に夏期講習に通う毎日であった。その頃、中日は前半戦を首位で折り返し、「過去6度、前半戦を首位で折り返して優勝を逃している」というジンクスと戦っている真っ最中であり、その後、7度目にしてついにジンクスを打ち破ることとなる。中日が優勝している頃には受験勉強も佳境となり始め、「ノストラダムスの大予言はむしろこのことだったのではないか?」と思うほど辛い(というか眠い)毎日であった。

 何が言いたいかというと、この頃の世の中の記憶はあまりない、ということである。自分=世界であり、「自分の問題が世界の問題だと感じる」という若者の特権(by宇多丸)をフル活用していたときである。

 そんな折でも、世の中は自分とは関係のないところで動き、プロ野球は行われ、私の知らないところで優勝が決まったり最下位が決まったり、クビを切られたり莫大な移籍金で選手が異動したりしている。

 記念メダルは、自分が知る由もなかったそんな世の中を動きを、静かに語りかけてくるのである。という綺麗なまとめ方ね、これ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)