三重県【鳥羽水族館】 記念メダル

 三重県で鳥羽といえば【鳥羽水族館】というくらい、三重で市民権を得ている水族館である。同時に、この辺は真珠の名産地でもあるので、至る所で真珠のアクセサリーが売られている。老舗っぽい店も多く、真珠好きにはたまらない場所かもしれない。私は真珠好きではないので、たまった。

 水族館というのは動物園に比べてどこも入場料が高いものなのだが、【鳥羽水族館】ももちろん高い。「2500円」もするので、彼女の分まで払わなきゃいけない学生カップルはとっても大変である。私は社会人なので余裕だけどね! いくらでも払ってやるさ~と思ってたのも、今は遠い思ひ出ぽろぽろ……

 この水族館は有名だけあって綺麗で立派な水族館で見ごたえのある施設である。ただ一つ他の水族館と違う大きな欠点は、一つの展示ブースに生き物を詰めすぎなところである。たとえば「アナゴ」の展示では、筒の中にアナゴが集まるという習性を利用するために鉄パイプみたいなのが沈められているのだが、その中にアナゴがすし詰め状態で鎮座している。これは超気持ち悪い。他の魚たちも同様で、どの展示もうじゃうじゃと魚がいる。

 

↓うじゃうじゃいるゴンズイ

↓うじゃうじゃいる伊勢えび

 

 密入国者を輸送するコンテナの中のようである。

 これに一度気づいてしまうと、どこを見ても「うわ~」となってしまうので、それ以後楽しめないのである。

 小旅行に良い施設だけに、もったいないのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)