福岡県【小倉城】 記念メダル

 現役の記念メダル販売場所。未訪問。

 職場の同僚からのいただきもの。いつか訪問したときに、詳しい記事をアップする予定。

 記念メダルを収集していなければ、このような城があることすら知ることはなかったであろう。日本にはまだ見ぬ場所がたくさんある。またキャンピングカーほし〜な〜。

 ちなみに敷地内に「松本清張記念館」が併設されているらしく、へっぽこ国文学科卒の私としては、俄然そちらが気になるお年頃である。小倉城の天守閣自体は私の嫌いな鉄筋コンクリートによる復元城で、中は郷土資料館となっている。このパターンがお城としては一番面白くない。90年に内部を全面リニューアルして体験型施設を導入したらしいが、「お城」というカテゴリーに対してそういうのはあんまり食指が動かないんだよな〜。とかいって、実際に訪れためちゃくちゃハッスルするかもしれないけれど。そういう嬉しい誤算を期待して、いつか訪れたい。

 また現在ではもう存在しないが、1960年から10年間だけ、場内に遊園地が設置されていたらしい。ジェットコースターと小倉城を描いた絵葉書が残されているらしく、なかなかシュールな話である。「お城と遊園地」の組み合わせでは、こちらも今はもうなくなってしまったが【伏見桃山城】という再建城が遊園地と併設されていた(こちらはそもそもがお城というより遊園地なのだが)。なんかこう、昔は作りたくなっちゃうんだろうね、遊園地って。採算取るの厳しいのにね、っていうのはもちろん数多の失敗を見てわかったことだけども。

 また、地方都市の通例として、お城の隣には役所がある(北九州市役所)。これ、なんでなんですかね? 「城主」=「首長」という連想はもちろん理解できるけども。

記念メダルについて

 お城メダルは大抵デザインが良い。「城」という存在自体が非常に映えるのである。このメダルに関していえば、石垣の再現度なんて最高である。安易に規則正しく石を彫るのではなく、きちんと不揃いな石の大きさやはめ込み方を忠実に再現している。また、敢えてこの斜めからの角度で見た姿を描写し、きちんと立体感を出しているところも感心である。正面の姿を描いたら楽だっただろうに。

 これを「金型上で表現する」というのが素晴らしいのである。職人さん、天晴れ(ちなみに金型製作は外注らしい)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です