邪道【小牧城歴史館】 記念メダル

小牧上歴史館記念メダル旧型
小牧城歴史館記念メダル現行
新旧記念メダル比較(現行メダル)

アピタのお隣「小牧城」

 【小牧城歴史館】は現在でも記念メダルを販売している場所である。入場料が100円と儲ける気が全くない施設で、客入りとしても恐らく受付の人の人件費もまかなえていないではないだろうかというくらいのこれぞ記念メダルにふさわしいスポットである。

 【小牧城歴史館】は小牧山というサンダルで登れる程度の小高い山というか丘(経験談)の上にあり、かつて信長が築いたいう小牧城の天守閣を模した小規模博物館である。小牧山(というか丘)の隣には「アピタ」という愛知県で幅を利かせている「イオン」のようなショッピングセンターがあり、イオンで食料を調達し小牧山で花見をするというのが定番コースとなっている。また、近隣住民のウォーキングコースとしても愛されているっぽく、ジャージを着たおじさんおばさんが歩いているのを割と見かけた。そして私はサンダルである。

 人はなぜ、ここを山と呼んだのか。

 昔はもっと小高かったんですかね。山とか丘とかいうより、「公園」と呼ぶのが一番ふさわしい気がする場所であった。そして頂上にある天守閣を模した【小牧城歴史館】も、その中にある展示物がどうこうよりも、「山の頂上にそびえ立つ城」という景観こそが一番の存在意義なのではないかと個人的には感じた。このことは似たものとして【岐阜城】が挙げられる。岐阜城もまた、中はしょぼいが、国道22号線から金華山へ向かう道中で見えるその姿はとても勇ましい。そして夜間にはライトアップされ、岐阜のシンボルとなる。ほんとは外観だけでよかったけどそれだと許されないっぽいから中身も一応作った感がすごいが、なんども言うが景観は非常に映えている。

 鉄筋コンクリート製の復元城は、街のランドマークとしての役割を果たせればそれで良いという「タワー」と同じようなポジション感を感じる。いや、別にそれが悪いわけじゃないんだけどね。

小牧城についてざっくりと

 小牧城は、清洲城の後釜として建てられた城である。全国的には映画『清洲会議』のおかげもあって清洲城の方が知名度が上であろう。が、どちらも鉄筋コンクリート製復元城であり、中身は同じようなものである。

小牧城は織田信長が美濃攻めのために立てた城で、その役割を終えるとともに消え去ったので「突貫工事で建てた一時的な城」と考えられてきた。しかし2000年代に入ってからの研究により、本格的な建造のされ方が為されていたことや、清洲城下にあった町がそっくり移転してきたことなどが判明して「四年で終わってしまったが、本当は長く居住するつもりだった」という見方がなされるようになってきた。そういう意味は由緒のある場所であるのかもしれない。今、小牧城下町にはアピタが幅を利かせている。

記念メダルについて

 おもて面の金型的には現行メダルと同一であるように思われるが、背景が「つるつる型」と「ざらざら型」である点が異なる。「ざらざら型」は、時代が一つ古い。

 茶平工業製記念メダルは、長い歴史の中で幾度かのマイナーチェンジを行なってきている。私はそのマイナーチェンジ時期を一つの年表としてまとめたいという野望を抱いている。その時に重要となるのが「刻印」である。刻印の価値観は記念メダラーの間でも好みが分かれるところであるのだが、私はこのような理由から中古で入手する記念メダルはできれば刻印がなされている方がありがたかったりする。

 2000年代にかなり近い「1998年」に「ざらざら型」メダルが存命していたというのは、なかなか興味深い。似たような関係もつメダルに、小牧城の近場で【岡崎城】がある。

岡崎城記念メダル
岡崎城記念メダル旧型

 同じようにおもて面の金型が同一でも「つるつる型」と「ざらざら型」という違いがある。ただし【岡崎城】の場合は、旧型の裏面がさらに「つぶつぶ型」という違いもあり、さらに年代が一つ古くなる。こうして比べていくと、記念メダルの変遷が少しずつ見えてくる。その辺のことをそのうち【特集ページ】でまとめようかな〜と思っているのだが、時間がなくて相変わらず予定は未定である。

 げにいと深きはメダル道なり。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)